仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

少年マンガで女の子、少女マンガで男の子が主人公の作品

梅雨のせいでじめじめした日々が続きますね。家中に乾燥剤を撒きたくなるさっこさんですこんにちは。日本は湿度が高すぎるんだよ。今年は猛暑にならなければいいんだけどなあ。

さて、今日こちらのエントリーを読みました。

確かに女性のレッドはいないか…。女性がリーダーの戦隊はあるんだけどね。でもプリキュアと違って女性メンバーが常にいるだけマシなんじゃない?と思ったりもしなくもない。もしいたことがあるのならすみません。プリキュアは初代しか見てないんだよ。あれは女の子版仮面ライダーだからうちの息子達も食いついてたんだけど、それ以降は全く興味示さなくてさ…。

で、ふと「そう言えば少年マンガで女の子が主人公、少女マンガで男の子が主人公の作品ってどれぐらいあるんだろうか?」と考え込んでしまった。残念ながら私の読んだマンガは相当偏りがあるので少年マンガで女の子が主人公、という作品はあんまり思いつかない。有名どころの「キャッツ・アイ」と「GS女神」はすぐ出てきたんだけどね。

CAT’S EYE 1巻

CAT’S EYE 1巻

GS美神 極楽大作戦!!(1) GS美神 (少年サンデーコミックス)

GS美神 極楽大作戦!!(1) GS美神 (少年サンデーコミックス)

少女マンガのほうはといいますと、思いつきすぎてヤバい。思いつく中で一番古い作品は「ファラオの墓」かなあ。1974年から1976年まで少女コミックで連載されてた作品。サリオキスとスネフェルのダブル男の子主人公だよねこれ。
ファラオの墓 (1)

ファラオの墓 (1)

というか竹宮惠子の作品って男の子が主人公の作品多くない?変奏曲シリーズや「地球へ…」「風と木の詩」と男の子が主人公の作品が印象に残りまくってる。

ファラオの墓よりちょっと遅く連載が始まった今は亡き三原順の「はみだしっ子」も忘れちゃいけない。4人の少年が主人公の作品。

はみだしっ子 1 (白泉社文庫)

はみだしっ子 1 (白泉社文庫)

花ゆめLaLa系だと「はみだしっ子」に限らず、男の子が主人公の作品多いんだよな。最近だと「夏目友人帳」を忘れちゃなるまい。劇場版アニメ、ちょっと見たい気もあるんだけど、近くの映画館で上映しないのだよ…無念。他に好みの作品だと樹なつみの「八雲立つ」、成田美名子の「エイリアン通り」、山岸凉子の「日出処の天子」、日渡早紀のアクマくんシリーズとか。
夏目友人帳 1 (花とゆめコミックス)

夏目友人帳 1 (花とゆめコミックス)

八雲立つ 1 (白泉社文庫)

八雲立つ 1 (白泉社文庫)

エイリアン通り(ストリート) 1 (白泉社文庫)

エイリアン通り(ストリート) 1 (白泉社文庫)

日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)

日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)

アクマくんシリーズ 1 アクマくんにお願い (白泉社文庫)

アクマくんシリーズ 1 アクマくんにお願い (白泉社文庫)

アニメで思い出したけど、吉田秋生の「BANANA FISH」も忘れちゃいけない。復刻版が出たんですね。アニメ化様々ですな。
BANANA FISH 復刻版BOX vol.1 (特品)

BANANA FISH 復刻版BOX vol.1 (特品)

他にも富樫じゅんの「好派!蘭丸応援団」、岩崎陽子の「王都妖奇譚」「無頼」、聖りいざ(伊庭竹緒)の「COMBINATION」など色々好きな作品はあるんですが書ききれないので割愛。むしろ少女マンガって男の子が主人公のマンガ多すぎない!?と思うぐらいである。でもそれは私の読んでるマンガが偏ってるだけなんだろうな。というか私が男の子が主人公のマンガ好きなだけなんじゃ…と思ったり。少年マンガで女の子が主人公のマンガをあまり知らないのもその線が濃厚である。というわけで単に自分の好みを自覚しただけでこのエントリーを〆させていただきます。なんかすみません_(:3 」∠)_