仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

子供パンツから大人パンツへ

昨夜は雨でしたが朝起きたらカラッとした爽やかな天気。自転車通学初心者の四男がいるのでホッとしたさっこさんですこんにちは。そうでなくても通学中にちょいちょいコケてるみたいなんだよな。遊びに行くときと違って重い教科書積んでるし、なによりまだ新しい自転車に慣れてないから仕方ないか。とにかく事故にだけは巻き込まれないでくれよ…。

その四男ですが、本日13回目の誕生日を迎えました。もう13歳かあ。Twitterに登録した頃は長男が中学生になる直前ぐらいで、つまりあの頃の長男の年を越えたんだな。なんだかあんまり実感ないけど。で、我が家の息子達は中学生になると同時にある儀式を行ってます。別に宗教的なものではありません。パンツをブリーフからトランクスに替えるのです。小学生のときは制服が短パンなのでトランクスだと制服からパンツの裾がはみ出ちゃうし、なによりたまたまが見えそうでな…。

というわけで先日四男のトランクスを買おうとお店に行ったのですが、あれ?なんか四男のサイズだとトランクスより圧倒的にボクサータイプのブリーフが多くない?今時の流行りはこっちなんだろうか。どちらを買うか悩んだんですが、本人に穿かせて感想を聞かないことにはわからないということで両方買ってきました。兄達のときはボクサータイプなんて眼中になかったので買うという発想もなかったんですけどね。

で、購入して本人に見せると「俺もついにパンツを替えるときがきたか…」と言いつつ「うーん、どっちでもいいかな」とおっしゃるので風呂上がりにボクサータイプのほうを穿いてもらったんですが、しばらくすると「なんか…違和感がある」と言い出しました。理由を尋ねると「なんか足にパンツが食い込む。俺が太ってるせいかもしれんけど」。ボクサータイプは体にピッタリフィットだからちょっとぽっちゃりめの四男にはきつかったようです。正直すまんかった。というわけで四男のパンツは兄達と同じトランクスに決定しました。私もこっちのほうがいいわ、見慣れてるから(?)

余談だけど四男に「そう言えば中学校でどうやっておしっこしてるの?」と質問したことがあります。というのも小学校の制服の短パンはウエストゴムで、大体の子がズボンとパンツをずらしておしっこしてたんですよね。中学校のズボンはベルトしてるからずらすとなるとベルト外さないといけないし。すると「最初におしっこするとき『ズボンずらせないやん。どうしよう』と思ったけど、ベルト外すのも面倒くさいのでズボンのチャック開けてちんちん出した」とのこと。デスヨネー。しかし「ベルト外してズボンとパンツずらしておしっこしてる子もいる」そうで、そんなに社会の窓を使うのは難しいものなのかと思った母ちゃんでした。社会の窓を上手に扱えるようになるのも大人になるための修行なのかもしれない…。