仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

もうひとつの卒業

今日も次男三男四男は昼から自転車で出かけております。四男の自転車練習に次男と三男が付き合ってるんですね。上の子がいるとこういうの全部やってくれるから本当に助かるわ。これで四男も自転車通学しても大丈夫かな?と思ってるさっこさんですこんにちは。

さて、少し前、携帯に電話がかかってきました。見覚えのない電話番号だったけど市内局番だったので出てみたらファミサポ事務局でした。なんだろう?と話を聞いてみると「四男くんが4月から中学生になると思うので、退会手続きをお願いしたいのですが」とのこと。そういや入会はしたけど退会手続きはしてなかったわ。というか退会手続きって利用可能な年齢を越えた場合でもする必要があるのね。そこまで調べてなかったわ。

思えばファミサポに入会したのはまだ四男が幼稚園に入園する前のことでした。当時免許更新に行かなくてはならなくなって、前回のときは三男を連れて行ったけど全然じっとしなくて注意されたんですよね。四男は三男よりはおとなしかったとは言え、幼い子を連れて行くと何かと気を使うので預けられるのなら預けたい…と、当時できたてホヤホヤのファミサポに登録することにしたのです。

で、役所の子育て支援課へ行ってみると「ファミサポ事務局は別のところにあるんです」と申し訳なさそうに言われました。よく確認しなかった私が悪かったんですが、ファミサポ事務局の場所は役所から車で10分程度の場所にあったんですよね。四男を連れていたので「ええ…ここじゃないんだ…」とそこでちょっと心折れそうになりましたが、子育て支援課の方がファミサポ事務局へ連絡してくださったので、事務局の方へ向かいました。そこで事務局の方から説明を受けてから登録したんですが「入会届用の写真を撮ります」と言われて慌てました。まさか写真がいるとは。それならそれでもっと身ぎれいにしてきたのに…と思ったけど後の祭り。まあいいんですけどね。

あれからファミサポを利用したのは免許更新以外では子ども会のイベント準備のときや小学校のPTA関連で市PTAの集まりに出席したとき、長男の小学校卒業式のときなど数えるほどだったのですが、それでも大変助かりました。本当にファミサポがなかったらどうなってたことやら。ここらへんは同居、もしくは近居の方が多くて私みたいな例はあまりないのもあるのか、保育園で一時預かりもしてくれなかったんですよね。

そんなファミサポも卒業のときがやってきたというわけです。四男も大人がずっとついていなくてもいい年齢になったんだなあ…と思うと感慨深いさっこさんなのでした。