仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

たまにはうどん県民らしくうどん屋を紹介してみる

今日は彼岸の入り。というわけで家族揃って墓参りへ行ってきたさっこさんですこんにちは。今日は暖かくて良かった…。寒いと墓掃除で死にたくなるからなあ。杉の木があるので、花粉被害から免れないのが難点だけど。

さて、その墓参りの前に義母と義姉の二人と待ち合わせてうどん屋でお昼を食べてきました。「いぶき」という名のうどん屋で、店主は伊吹島(観音寺市の島)出身らしい。開店は11時、麺がなくなるまで営業してます。定休日は月曜日ですね。

ここのうどん屋はフルサービスのうどん屋。注文したらテーブルまで持ってきてくれる方式です。外観はこんな感じ。住宅街にあるので、看板がなければ普通の民家と見間違えそうです。

店内は結構広いです。家族連れでも大丈夫。

メニューはざっとこんな感じ。至ってシンプルです。サイドメニューはセルフです。うどん県のうどん屋ではおなじみおでんとおむすび、いなり寿司、バラ寿司(ちらし寿司のこと)があります。

ここのおすすめはしょうゆ竹うどん、かけ竹うどん。竹はたけのこじゃなく、ちくわの天ぷらを竹に見立ててるんですね。このちくわの天ぷら、衣はとても薄いんですがカリッと揚がっていてサクサクもちもち。思ったよりあっさりしていていくらでも食べられそうなぐらい美味しいです。うどんは細い麺でつるっと食べられる喉ごしのいい麺。出汁はいりこダシですが、良質のいりこを使ってるのか、魚臭さが全くないです。ただ、濃い味の出汁が好きな人には少しあっさりすぎるかもしれません。しかしあっさりなので出汁を全部飲み干しても全然大丈夫です。

写真はしょうゆ竹うどん。温かいのと冷たいのがあるのですが、温かいのを注文しました。奥の方で長男が食べてるのは山かけうどんです。その隣で食べてる四男は肉うどんを選びました。肉うどんも美味しいそうですよ。

余談ですが、このうどん屋はWAONが使えます。個人経営のうどん屋は大抵現金払いしか受け付けてないので、電子マネーが使えるうどん屋は貴重です。誰かうどんの味だけでなく支払い方法をまとめたうどん屋マップを作ってくれないかなあ(他力本願)