仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

メールの書き方

昨日と今日は公立高校の入試。在校生は校内に立ち入ることすら許されません。というわけで、インフルエンザも完治して晴れて投稿できるはずだった三男は今週ずっとお休みということに相成りました。本人は学校でやり残した持ち帰り不能な課題があるらしく、「なんでこのタイミングで入試なんだー!」と呻いております。気の毒だけど期末テストに引っかからなかったのは不幸中の幸いだったわと思ってるさっこさんですこんにちは。

さて、絶賛就活中の次男ですが、お目当ての企業から企業見学&SPIの日程がメールで送られてきました。それに対しての返信をぽちぽちスマホで打っていた次男、私のところにやってきて「文面これでいいかな?」と尋ねました。スマホに目をやると「参加しますのでよろしくおねがいします」とだけ書かれた文面が!

全然良くねえよ!

何もかも抜け落ちてるじゃねぇか…。

「LINEじゃないんだからこれはないだろ。宛名も署名もないし」
「LINEと同じ感じでいいと思ってた。署名って何?」
「後で教えるけど…。でも確かビジネスマナー講座を学校で受講しなかったっけ?」
「したけどメールの書き方なんて教えてくれなかった」

さいでっか…。あまりにもひどすぎるので参考になりそうなメールの例文載ってるサイトを紹介したけど、もし次男が相談せずにメール送信してたらとんでもないことになるところだったわい。まあ次男は心配性だから、相談せずに送信することはないと思うけど。

しかしよく考えたらメールも手紙も送ることがない10代がメールの書き方なんて教えなければわかるわけがないのでした。年賀状だって書かない子が多いしなあ。でもこの調子だと今のメールマナー的なものも20年後ぐらいには廃れてるのかもしれない。もっと言うとメール自体が連絡手段として使われることはほとんどなくなるかもしれない。20年後、生きてるかどうかわからないけどな、などと思うさっこさんなのでした。