仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

葬儀とインフルエンザ

前回、四男がインフルエンザに感染したというエントリーを書きましたが、昨日三男が高熱を出しまして。本日受診したら「B型ですね~」と言われたさっこさんですこんにちは。本人は何が何でも高校を1日たりとも休まず完走したかったので「嘘だろ!あいつ(四男)一生恨んでやる!」とおっしゃってますが、インフルエンザに感染してるのがわかりきってる四男のそばでゲームに勤しんでたのはお前だろ…。それでよく感染しないと思ったな。母ちゃんはお世話的な意味で接触する必要があるけど、四男に触れた後は必ず石鹸で手を洗ってるぞ。長男からは「四男バイキン扱いやな」と言われたけど、バイキンよりインフルエンザはたちが悪いわ!

その恐怖のインフルエンザについて、先日夫があるエピソードを話してくれました。先日、夫の知人のお身内が亡くなられて夫はその葬儀に参列しました。亡くなった方はまだ60代なんですが、末期ガンで長くはないと言われてました。でもその直接の死因はガンではなく、インフルエンザだったと言うのです。

もう先が長くないということで自宅ですごし、通院治療を受けられてたんですが、どうやら通院したときにインフルエンザに感染してしまったらしい。あるあるですが、ガンで弱ってる体には耐えられなかったのでしょう。そのまま亡くなってしまった…という話を夫は葬儀で聞かされたわけですが、その後お身内が次々インフルエンザを発症し、一家全員寝込むことに。そうです、亡くなった方のインフルエンザに感染してしまい、葬儀が終わった後に発症したというわけです。インフルエンザ恐るべし…。こうなってくるとバイオテロ並みですな。

さて、我が家のインフルエンザは三男で終止符を打つのでしょうか?平日、夫は義母宅へ様子を見に行ってるため「万が一感染してるのに気付かず接触したら大変だから」と三男四男と一切顔を合わさない生活を致しております。私達夫婦と三男四男は2階で寝てるんですが、四男がインフルエンザを発症してから1階で寝てるんですな。そしていつもちょっかいをかけてる四男と顔を合わせられないので寂しそうです。昨日なんて風呂から上がったら早々に寝てしまったし。四男、完治したら覚悟しといたほうがいいぞ。多分めちゃくちゃむぎゅーってされると思うから…。