仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

仕事もどきはじめます

ここんとこ四男の中学校入学準備で諭吉さんが次々と旅立っております。体操服は三男のお下がりでほぼコンプリートできたんだけど、流石に制服は痛みまくってるので買わなきゃならないし、スポーツバッグに体育館シューズ、上履き、通学靴、通学用自転車と買い揃えると大体15万ぐらいかかってしまう。公立でこれだから私立なんてたとえ都会に住んでいても無理だな…と思ったさっこさんですこんにちは。私立だと入学金だって要るものねぇ…。

さて、突然ですが新年度から仕事みたいなことをはじめることになりました。仕事と言っても毎日出社する仕事ではなく、まあ非常勤理事みたいな仕事です。だから報酬も年60万程度とお小遣い稼ぎ程度になりますが、それでもお金をいただける仕事をするのは久々のことです。

実は自発的に仕事を探したわけではなく、懇意にしてる方から「やってみないか」とお声をかけてもらったのです。最初は引き受けるかどうか迷ったんですが、折角声をかけてくださったことだし、その方と一緒になることが多い仕事なのでやれるところまでやってみようと思いました。今まで出会ったことがない方々と一緒に仕事をすることで色々と知見も広がりそうだし。この年になるとなかなか新しい出会いってないですからね。というわけで、別件で引き受けてるボランティア活動が出来なくなるので、年度末までに引き継ぎの資料作りをする予定です。ボランティア活動も7年ぐらいやったのでやり尽くした感はありますね。

それにしても四男が小学校を卒業するタイミングでこんな話が舞い込んでくるなんて運がいい。小学校は何かと行事が多いし万が一本部役員を引き受けることになったらかなり忙しいけど、中学校は本部でも小学校に比べるとそんなに仕事はないですからね。息子達が幼い頃だったらどう考えても引き受けられなかったので本当にラッキーだわ。

そんなこんなで四男の入学準備と引き継ぎ資料の作成で慌ただしい年度末になりそうです。しかしその前に入学式に着ていく服をどうにかせんとあかんな…。髪もカットしなくちゃ。