仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

四男の高校受験

今日はびっくりするぐらい暖かい。上着なしでも全然寒くないぐらいで、一体どうしたのかと思うさっこさんですこんにちは。しかし月曜日からめっちゃ寒くなるらしくて何のいじめなんだよ…。寒暖の差が激しいと体調崩しやすいのに。そうでなくてもインフルエンザが流行ってるので不安だわ。受験生抱えた家庭はもっと大変だろうなあ。

というわけで。今週のお題は「受験」なんですが、四男も4月から中学生。中学を卒業してどんな進路を選ぶか。大抵のお子さんは高校を目指すと思うんですが、この高校がどんどん減っております。公立高校の統廃合が激しくてね…。上の子がすでに高校に通っていてもその情報が下の子に有効かどうか不透明だったりするのが悩ましいところ。しかも学習指導要領が変わってると全然対策方法わかんねー!となってしまいます。

となると塾頼みになるのですが、塾もヤバいことになってます。うちの子は中学生になると夫の知人が講師をしてる塾(市内にいくつか教室がある)のお世話になってるんですが、先日四男を体験授業に参加させたらたった3人しかいないんですよ、四男含めて。長男は個別授業を受けてたので置いといて、同じ教室に通った次男と三男のときは10人以上いたんですよ。それが3人…。あまりの少なさに採算が取れるのかと不安になってしまった。一応「この人数のままでも教室は開きます」と言っていただいてますが。そういや新中1の学級数が3学級になる予定と聞いてるしなあ。長男のときに1学級減って4学級になり、「少ない…市内で一番生徒数の多い中学校なのに」と思ったもんですが、さらに減るって。少子化待ったなし。

とまあ三男のときと比べてもガラッと事情が変わってるので親としては不安だらけのまんま四男は中学生になります。これから中学生になるので受験はまだ先じゃないの?とはならんから不安。1年生、場合によっては小6の成績も内申に組み込まれるので。めちゃくちゃ成績が悪いわけじゃないけどやる気が感じられない四男が果たして中学校の荒波に耐えられるのか…というのが。自主的に先生にわからないところを質問して覚えようとする子なら心配もしないんですけどねぇ。

と言っても進路そのものは「三男兄ちゃんの高校へ行きたい」と言っておりまして、とりあえずその路線で頑張ってもらおうと思ってます。次男の学校は?と尋ねたら「嫌」と即答だったので。まあ受け身タイプの四男に次男の学校は無理か。理解力はもとより、謎のテンションが求められる学校だしなあ。次男も「なんとなくでうちの学校受験して合格したら後悔するで」とおっしゃってることだし、無難に高校路線かな、うん。