仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

ロリコンと言われた次男

ようやく期末テストが終了し、今年も後わずか。1年って過ぎてしまえばあっという間だよなと思うさっこさんですこんにちは。まあ年が過ぎ去るのが早いのは年を取った証拠、なんて言いますけど。

さて、今日も我が家のネタの宝庫、次男のお話です。次男は「子供って毎日が楽しそうで生き生きしてるなあ。可愛いなあ」とおっしゃる生き物です。どうも自分が小さい頃、毎日が楽しくてたまらなかったらしい。今は寮生活なのもあって色々気を使うことが多いのか、ストレスが溜まりがちな生活らしく、それもあって子供が眩しく映るんでしょうな。

で、あるとき友人に「子供って可愛い」と言ったら「お前ロリコンか…?」との返しがきたそうで。子供が可愛いと言っただけでロリコン…?腑に落ちない次男がそう思った理由を尋ねると「おじいさんと孫ぐらい年が離れてるのはいいけど、結婚できる年齢差の場合はどう考えてもロリコンだろ」と言われたそうです。なんかすんごい飛躍した考えだな…と思ったんですが、どうやら少なからず独身男性が「子供は可愛い」と言うと同性から変な目で見られることが多々あるらしい。え…何それ。

これは男性同士だけの話なのか、男女であっても女性から変な目で見られるのか。どちらにしても理不尽じゃございませんか。それに子供と距離を置いていた状況から結婚していきなり子供と関わることになるなんてまー無理ですよね。どうしていいかわからないなんて当たり前のような。まあ最近は男性に限ったことじゃないけど、女性の場合は妊娠するので心の準備ってもんが男性と違うと思うんですよね。

それにしても10代でこういう考えの持ち主がいるのか…。一体これはどういうことなんだろう。過剰なまでに男性の性欲を忌み嫌う風潮があるから?だとしても男性自身がそれを認めるってのもおかしな話です。以前、女性に興味ないと言ったら「ホモか?」と言われた次男の話を書いたことがありますが、男性の性欲云々より子供好き→ロリコン、女性に興味ない→ホモ、という刷り込みが育つ過程でなされた可能性のほうが高そう。子供って大人から要らんことまで吸収しちゃうからな。

しかし「男性は子供と関わるな」という刷り込みが10代にまでなされてるのなら、あんまりいい傾向ではないですよね。「父親になったら話は別」なーんてそう簡単に切り替えられないでしょ。積極的に子育てに参加しない男性の根底にはこういう意識があるのかもしれないと思ったさっこさんなのでした。