仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

誰にも知られず子育てしたい

昨夜は凄まじい雨で、雨音がうるさすぎて夜中に目が覚めてしまったさっこさんですこんにちは。ご近所の中には危うく浸水しかけたご家庭もあったようで、集中豪雨怖い…とあらためて思ってしまった。

さて、今朝方このまとめ記事を読みました。

大家族番組自体は4人の息子達がいる私には見ても面白くもなんともないのでほとんど見ないのですが、このまとめ記事とブコメを読んで昔の気持ちがよみがえってきました。我が家の子供の人数に対していちゃもんをつけてくる人がいたんですよね。まずはこれ。

そしてこれ以外にも赤の他人から「育てられもしないのにそんなに産んで」「4人も子供がいるなんてないわ」と面と向かって言われたことが何度かあります。そんなふうに思う人は少数だと思いたかったけど、内心そう思ってる人が多いとまとめ記事のブコメ読んでよーくわかりました。そうですね、子供なんてひとりたりとも産まなければこんなひどいこと言われなかったんだから産まなきゃ良かったんですね…と言わせたいの?なんでわざわざそれを親に向かって言うのか私にはわからない。ともあれ、そういう好奇と白い目にさらされた私は時々「誰にも知られず子育てできたらいいのに」と思うことがありました。助けてくれる方々には大変申し訳ないけど、こんな爆弾を投げつけられたら人と関わるのが怖くなってしまう。

大体、何人までだったら彼らの許容範囲に入るんでしょう?実母や叔母は2人までだったみたいだけど。仮に2人として、それはどういう基準で決められてるの?そもそも苦労せずに子育てなんてできないでしょう。産んだら勝手に育つわけじゃないんだから。愚痴をこぼすことも許されず、たただた子供のためのみに生きることを是としたと捉えられるんですね、子供を望んだら。そりゃ少子化にもなるわけです。そんな立派な人物なんてなかなかいないですよ。「産みたい人が産めばいい」と言うのなら、せめて産んだことそのものを非難するのはやめて欲しいなあ…と思うのでした。