仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

彼女が来た!

来週実母の三回忌を行うということで、午前中大掃除を家族でやっていたさっこさんですこんにちは。まあ後は土曜日にドタバタ動かなきゃならないかな。家で法事を行うのも大変だ。本来なら昨日が命日なのでこの土日辺りに行うのが筋なんですが、三男が総体でこの週末はいないんですよ。昨年の一回忌もそうだったんだけど、今回は三回忌だから一週ぐらいずらしてもいいだろうということになりました。呼ぶ親戚も4人だけで内々でやるようなもんだからまあいいでしょう。

さて、小5だった3月に生まれて初めての彼女ができた四男ですが、着実にデートを積み重ねております。すぐに飽きられると思ったらそうでもなかった。兄達は誰ひとりとして彼女がいたことないのに…。何故四男だけ。しかも告られてのお付き合いだもんなあ。告る側だった三男は全てに玉砕してるので、告られるほうが男子の場合は良いのか?まあこの年頃だとリードするのは女子側だもんなあ。男子は行き当たりばったりがポリシーみたいな生き物だからな。

そんな四男、昨日もいつものようにデートの約束をしたということで小学校の近くにある公園までお昼から出かけました。まあゆっくり楽しんでらっしゃいと見送ったのですが、私が外での用事を済ませて帰宅して間もなく、帰ってきました。いつも5時頃に返ってくるのに今日はえらく早いなあと思ったら「今からRちゃん(彼女)と家で遊んでいい?」と言うじゃないですか。

ウソ━━━Σ(゚Д゚。)ノノ━━━ン!!!?

母ちゃんにも心の準備というものが…。何しろ生まれて初めての息子の彼女訪問なんだから!そりゃ女子が遊びに来たことが全くなかったわけじゃないけど、彼女となると話は別ですよ。柄にもなくあわあわしてしまった…。

いつもなら友達が遊びに来ても同じ部屋で過ごすことが多いんですが、こんな場合どうしたら…と考えて結局席を外すことにしました。若い二人でよろしくやってくれという謎の仲人的心境に。

そして5時前に彼女は帰っていったのですが、後から四男に何をしたのか尋ねてみました。


いやー、最近順調にアニオタの道を進んでる四男なので、いきなり進撃の巨人なんかをチョイスしてどん引きされるんじゃないかと思ったらそんなことはなかったぜ。マダガスカルならまあ無難なチョイスであろう。そういうとこは空気読むんだな四男…。

余談だけど、この年頃の女子は本当に華奢でスラッとした足が伸びていて眩しい。身長が急激に伸びる時期で体重がそれに追いついてないからだろうけど。まだ体つきがふっくらしてないので中性的ではあるんだけど女性的な魅力もしっかりある。もう自分の女性という性について意識する年齢だからね。そして女性から女性的な記号(体つき)だけを排除した存在だから、この年頃の女子は成人女性を受け付けない男性(ロリコン)にも受け入れられるのかもしれないなと思ったのでした。