読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

お気楽すぎる四男

ついさっき四男が帰宅したんですが、荷物を片付けるとすぐトイレへ行きました。しかしなかなかトイレから帰ってこないので「また長男(今日は仕事休み)の部屋に入り浸ってるんじゃ」と様子を見に行くと、座敷横からトイレまで、長々と延長コードが横たわってるじゃありませんか。「え…なにこれ…」とトイレを覗くと、トイレのドアを開け放って便座に座り、3DSで遊んでる四男が。そうです、3DSの充電が切れかけてたため、ACアダブタを使うために延長コードを引っ張ってきてたんですね。いや、そんなことしなくてもトイレにコンセントの差込口あるんだけど…。というかトイレでゲームするなよ汚いだろ…と思ったさっこさんですこんにちは。長男にそのことを話したらゲラゲラ笑ってましたが。笑うよな、そりゃ。

こんな四男、如何に自分が楽して暮らせるかが一番大事、という印象があります。やりたくないことを目の前にすると逃避行動に出てしまう。例えば宿題を目の前にして「めんどくせぇな」と言うんですよ。まあそれだけならありがちですが、数分後に様子を見に行くと寝てる…!なんでそう簡単に寝られるの!やりたくないと眠たくなるのか。苦手な教科の授業だと寝る子がいたけど、あれと同じようなものなのか…。しかし寝ても宿題はなくならないぞぉ。問題を先送りしてどうする。さすがの上の子達も寝るなんてことはなかったぞなもし。

また、何かを自主的に決めることが苦手っぽい。彼女とのデートも自分からリードするなんてことはできませんです。この前、テーブルにメモっぽいものがあったので「あれ、夫がメモを忘れたのかな?」と思って見たら、四男の彼女が書いたものでした。ラブレターというより学校からのお知らせプリントみたいなんだけど。

f:id:plutan:20170412163112j:plain

自分で「今度は何日にどこそこで遊ぼう」って言えないのか、それともそんなことを考えるのがめんどくさいのか。しかし彼女もこんな四男のどこがいいんだ…。言いなりになってくれるところか?あかんで彼女、そんな男はロクな男じゃない(ぉ

よく考えなくても四男は幼い頃、自分をかばってくれたり世話を焼いてくれる人にピタッとくっつくところがあって、上の子達に比べるとガツンと叱られた経験が少ないのであった。三男がベタ甘に可愛がっていたのもあって、すっかりふにゃけた男になってしまった。あかん、このままだとあかん。まあ中学生になれば揉まれるとは思うけど、それはそれで心配なさっこさんなのでした。