読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

小学生とモバイル端末

育児 教育

テスト二日目の三男が、帰宅予定時間になっても帰ってこない。一体どうしたのかと思ったら、テスト期間中にも関わらずカラオケで騒いでた連中がいたそうで、連帯責任で全員居残りで自主勉強させられたとのこと。今日は午前中に帰ってくる予定だったから弁当持たせてないしこれはちょっとひどいんでないかい?と思ったさっこさんですこんにちは。だって帰宅したの1時半頃ですよ…。土日挟んで月曜もテストがあるので浮かれるなってことなんだろうけどさあ。しかしバレる可能性は大いにあるのになんでカラオケなんて行くかね。騒ぐなら家で騒いでろよと思わなくもない(そこかよ)

さて、先日の小学校授業参観の後に学級PTAがあったのですが、そこで議題に上がったのはモバイル端末の使い方でございます。小5ともなればスマホは持ってなくても専用のタブレットを持ってる子もいますし、そうでなくても今の携帯ゲーム機はネットに接続できます。うちの四男も3DSでYouTube見てるしな。同じ年頃を持つ他の家庭のことは気になるところです。

で、話に出てきた家庭で一番ゆるゆるだったのは子供部屋に引きこもってしまうと何をしてるかわからないというお宅でした。専用のタブレットを与えてるそうで、それで夜自室に入ってしまうとほんま何してるかわからんわな…。一番厳しかった家庭は親の見てる前でしかゲーム機もタブレットも使わせない、専用のタブレットやスマホは高校生になってからバイトして買えと言い渡してる、というお宅でした。これはこれでちょっと厳しすぎやしないかとも思うけど、下のお子さんがまだ幼児なのでその影響も考えてのことかもしれない。

ほとんどのお宅は「使う時間を決めてる」「夜は端末を預かる」とおっしゃられてましたが、気になるのは親のスマホを使ってる子が意外と多かったことです。それも親のスマホなのに子供がゲームアプリをダウンロードして使ってるとか目が点ですよ。うーん、スマホって個人情報てんこ盛りに入ってるので、そこは親子と言えども分けておいたほうがいいと思うけど…。まあ親がいいって言うのなら知ったこっちゃない話ではある。

それと道徳の授業でネットリテラシーに関することもやるそうなんですが、そこでネットに文章や画像を投稿するときは慎重に、という話を先生がしたら「まずかったら消せばいい」と考えてる子が大半を占めていたそうです。ああ、なるほどなあ。自分の目の前から消してしまえばみんなの目からも消えて忘れ去られると思ってるのか。不用意な投稿をそんな意識でするものなのだとしたら、親の監視下でSNSを利用させるか、もしくはある程度リテラシーが身につく高校生以上になってから利用を許可するかしかないかなあと思うさっこさんなのでした。まあ子供によりけりだろうけど、小学生ぐらいだと語彙力が大人ほどないので発言を誤解されてそこからいじめに発展するとかあるあるだしなあ。

それにしてもこれから親になる方は本当に大変ですね。子供の様子を見守る範囲が私が子供の頃と比べたら格段に広くなってるんだから。リアルとネット、両方監視はきついっすよ。モバイル端末は一旦与えてしまうと規制するのは難しいので、与えるならよくよく考えたほうが良さそうです。