読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

通学合宿のススメ

教育 育児

三男、昨日から3日間2年生がインターンシップに参加するので部活はお休みだそうです。1年生だけでも部活できるんじゃない?と思うけど、まあいいか。しかしインターンシップかあ…来年度は三男の番かと思うとちょっとドキドキするさっこさんですこんにちは。職業科にはつきもののインターンシップ、大学生と違って学校が仲介してくれるので親がすることと言えば弁当作ることと交通手段を確認することぐらいなんですが。

さて、その三男が小学生のときに参加した行事に通学合宿なるものがあります。通学合宿って何?とおっしゃる方もいらっしゃるかと思うのでご説明すると、公民館などに子供達が寝泊まりし、そこから通学するというものです。ただ寝泊まりするだけではありません。朝食も夕食も洗濯も掃除も子供達が主体となって行うのです。勿論大人の指導はありますが、あくまで指導だけです。班を作ってその中で子供達が役割を決めて実行することになります。この行事は学校行事ではありません。地域にもよりますが、こちらの場合は公民館が行ってます。サポートは公民館だけでなく、PTAや学校も行いますが。参加は希望者だけに限られます。参加費も必要ですしね。日程は2泊3日でしたが、地域によっては1週間の場合もあるようです。

三男だけでなく長男も次男も参加したことがあるのですが、一番に感じたのは子供は思ったより動くってことです。私は朝食作りのサポートに参加したんですが、女子だけでなく男子もこちらが作り方を説明すると自分達で考えて動きます。勿論普段はやってないだろうから手元はおぼつかないですが、文句言ったりだらだらする子はひとりもいませんでした。言われなくてもきちんと調理後の後片付けをして台所をきれいにしてたし。やればできるんですよね。子供達からはお父さんやお母さんの大変さがわかった、という声が聞かれました。参加させた親から聞かれたのは、最初はとても不安だったけど終わってみれば思ってたより子供が成長してるんだなあと感じられて良かった、という感想でした。子供を親元から離すことで子供の成長を実感できるし子離れの仮体験みたいなこともできるわけですね。

勿論前述の通り通学合宿を実施するには多くの人のサポートが必要なので立ち上げは大変だと思います。しかし今の子供達に暮らしを維持するには労力が必要なこと、その労力を周囲の大人達が陰でまかなっていることを実感させるためにはうってつけの行事ではないかと思います。プチ大人体験、みたいなものですし。こういう行事こそPTAが主体でやればいいと思うんですけどねぇ…。学校のお手伝い感覚のPTAだったら別に要らないんじゃないの?と思うさっこさんなのでした。