読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

私にとっての結婚生活

家族

早出の長男が出勤前に私に近づいてきてささやきました。と言っても秘密めいたもんでもなんでもありません。「カルピス…ジュース…」って。買ってきてくださいと言えばいいだろ!と思ったさっこさんですこんにちは。まあ朝から面白すぎて吹いてしまったけどw

さて、昨日こちらのツイートがTLに流れてきました。


なんかすごく目から鱗でした。そうか、そうなのか。知ってるつもりで結婚するのか。知ってるつもりになれるとか私からしたらすごいことです。結婚して22年目、いまだに夫のことを「知ってるつもり」とは言えない私としては。何年付き合えばその境地に到達するのだろう?

まあ私自身については知ってるつもりにならなくても何の問題もないと言えばないです。今まで特に不満もなく結婚生活を送ってこれたので、知ってるつもりにならなくても特に支障はない。まず夫に対して期待はしません。期待とは自分の願望でもあります。そんな願望、相手には言わなきゃわからないし、わかったからと言ってそれをかなえるかどうかは相手次第です。期待してないから察してやってくれたらとても嬉しいし自然と感謝する気持ちも生まれます。マイナスになることは滅多になくて、プラスになることばかりなんですな。

じゃあどうしてもやって欲しいことがあったら?それはもう頭を下げてお願いしますよ。一緒に暮らしてるんですから、余程こちらが理不尽なお願いをしたり何らかの事情がない限りは快くかしぶしぶかはともかくやってくれるでしょう。

そもそも大前提として「結婚してくれてありがとう」なんですよね。ほとんど付き合いのないまま結婚したわけで、はっきり言って別に私と結婚しなくても良かったわけですよ。結婚してくれただけでもありがたい、そういう気持ちは今でも心の中にありますね。恥ずかしいから言わないけど。

それでも私の感情そのものを否定されたら多分キレます。例えば「体調があまりよくないから休みたい」と伝えて「体調が悪いなんて嘘だろ」と言われたらね。そこは譲れないけど、私の気持ちをわかってとは思わないので、特に共感されなくても問題ないです。赤の他人なのにそう簡単に共感なんてできるわけないし。長年一緒に暮らした親子や兄弟でも全然共感できない場合が多いのに。

では相手が自分に期待してたら?共感を求めてたら?という話ですが、残念ながら私の許容範囲は大変狭いので一緒に暮らしていけません。もっと海よりも広い心の持ち主と再婚してください、と思っちゃいますね、はい。