仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

いじめとお金

先日、四男が「この宿題め、お前なんかバラバラに引きちぎって食ってやる!」と文句を垂れながら宿題をやってたのでつい笑ってしまったさっこさんですこんにちは。三男が「そんなこと言わんとちゃんと宿題やれ」と諭してたけど。まあ四男もわかってるんだろうけど、自主勉強がめんどくさいのよね。こんな時期から自主勉強を宿題にされるなんて本当に今の小学生は気の毒だよ。

さて、本日こちらの記事を拝読したのですが。

この件自体については当事者じゃないのでノーコメントなんですが、我が家でも似たようなことがありましてな。

あれは三男が小4だったか小5だったかの冬休み明け。三男が自転車で遊びに出かけました。上級生の家に友達数人と一緒に行くと言い残して。かなり我が家から遠いのでちょっと心配でしたが(我が家からその子の家まで4km近くある)「楽しかった~」と帰ってきたのでホッと胸をなで下ろしたんですが…問題は翌日発覚しました。

翌日の夕方、遊びに行った家の上級生とは別の上級生のお母さんが我が家を訪ねてきました。一体何事!?と思って話を聞いたら「うちの子が渡した覚えのないお菓子やおもちゃ(数百円程度のもの)を持ってるから『誰にもらったの?』と尋ねたら『三男くんがおごってくれた』と言うので問い詰めてみたら、どうやら三男くんがお金を沢山持ってるからおごってもらおうと言うことになって三男くんが全部お金を出したらしいんですよ」とのこと。驚いて三男に尋ねると、冬休みにもらったお年玉を全額(2万ぐらい)財布に入れて持って行き、財布の中身を上級生の家で見せたんですよね。そこでこのお金をコンビニでぱーっと使おう!ということになったと。三男は「いつも遊んでくれるし全部みんなのために使っていい」という気持ちだったようだし、お金の価値をいまいちわかってないのもあって拒絶するという発想は全くなかったようです。

結局、そのお母さんがその場に居合わせた上級生全員のお母さんにコンタクト取ってくれて、謝罪と共にお金は戻ってきたんですが。私は夫に無茶苦茶怒られました。「家にいるのに子供がいくらお金を持ち出したかもチェックしてなかったのか!」と。当然ですよね。友達と遊びに行くときに「みんなと一緒におやつを買いに行く」と言うので、お年玉の中からお金を持ち出していいと許可したのは私ですから。そのときにちゃんと金額を指定していたらこんなことにはならなかった。まさか全額持ち出すとは思わなかったにしろ、チェックしなかったのは私の落ち度です。そして上級生のお母さんが気づいてくれたから早期に問題が発覚したわけですが、もし誰も気づかなかったら、記事にあったように「おごって」がエスカレートしたかもしれません。そう考えるとゾッとすると同時に、親の目って本当に大事だなあと思いました。

お金に関してだけ言えば子供がお金を自分で稼げない以上、親の管轄下にあるわけですよ。だから加害者の親も被害者の親も同等に責任があると思うんですよね。早期に気づけば事態が深刻になる前に問題を解決できるわけだし、子供同士の関係もおかしくならずにすみます。親はきちんとお金も家にある子供の持ち物にも目を配る。それだけでこの手の問題は大事にならなくて済むと思います。