読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

新成人よ、酒は悪魔の水だぞ!

皆さん、明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いします。なーんて言ってますが、Twitterでもハイクでも毎日何かしら投稿してるので今更なごあいさつですね。まあそんなこんなで今年も今日から通常モードに突入したさっこさんですこんにちは。

さて、ブログをお休みしてる間に長男が成人式に出席しました。こちらの市の成人式は日曜日だったのですが、長男は出勤日だったので有給取って休みました。内心「めんどくさがって出席しないかも」と思ったんですが、友達が一緒に行こうと言ってくれたのもあってかあっさり出席。ただね、市から届いた成人式のお知らせをなくしちゃってなんだか先が思いやられてしまったのであった。大丈夫か長男。

その成人式の後の話。小学生時代の同級生と同窓会を兼ねた飲み会をすることになったんですが、9時集合で帰宅したのは2時前だったらしい。らしいと言うのは私は夢の中だったからです。最初はなんでそんな遅い時間に集合…?と思ったんだけど、考えてみれば家族でお祝いするところもあるよね。うちは全然そんなことはしなかったけど。薄情だったかな…。でも成人式から一旦帰宅した後、友達と自室で遊んでたから別にいいよね?その飲み会の話を後で長男がしてくれたんだけど、滅茶苦茶面白すぎてお腹がよじれてしまったので書いておこうと思います。

小規模校出身の長男、同級生と言っても長男含めて10人しかいません。そのうち4人は翌日が仕事だったり大学へとんぼ返りしなくちゃならなかったりで結局出席したのは6人。でまあ長男が集合場所の居酒屋に到着した後でやってきた二人組がすでにできあがってたそうで。どうやら成人式の後、そのままどっかで飲んでたらしい。「しらふであのテンションについていくのは無理やった」とは長男の弁。まあそうやろな…。

で、その二人組のうちのひとりが開口一番「働いてるやつらが全部金出せばいい」と言い出したわけですよ。ちなみにその子は大学生。でもそう言ったもののさすがにそれはまずいと思ったのか「一発芸するから千円で勘弁して」と言い出してPPAPの物真似をし出したとか。それを眺めながら、うちへちょくちょく遊びに来る子が長男に「あいつどないしたんや」と言ったそうです。昔はそんなに目立つことせん子やったからな…。むしろ長男に話しかけた子のほうが箸にも棒にもかからない問題児だったんだけど。今はすっかり落ち着いてますけどね。

とまああまりにもあまりな態度にちょっとイタズラしてやれと思った子達がその子の酒に大量のタバスコと少量の醤油をぶち込んだんですよ。普通なら一口でも飲めば吐き出すはずが、酔ってる勢いなのか「この酒まずいな!」と言いながらグビグビ飲んだそうです。翌日、胃袋大丈夫だったんだろうか…。しかし半分ぐらい飲んだところでなんかおかしいと思ったらしく「誰かなんか入れたやろ!」とキレはじめまして、そのときトイレへ行っていなかった子の仕業にされてしまったというのがこの話のハイライト。長男曰く「3人がぶち込んだんやけどな」「事件はトイレへ行ってる間に起こる」。ひぃ…。

そしてお代のほうですが、結局その子はマジで千円しか出さなかったそうで、他の子達が割り勘で支払ったそうな。多分居酒屋到着までに金使っちゃったんだろうなあ。深夜帰宅した長男はまだ起きていた次男に「ウイスキーの一気飲みすると酔えるぞ」と言いながら寝たらしいので、多少の修羅場もありつつそれなりに楽しんだみたいですが。

オチとしては、酔っ払い大学生は女子です。もう一度言います。女子です。新成人よ、そしてこれから成人する若者達よ、これが悪魔の水の魔力だぞ!いいか、酒は飲んでも飲まれるな。まだうら若いうちから公衆の面前で醜態を晒すこともなかろう。お酒は量を調節して楽しく飲もう。おばちゃんとの約束だぞ!