読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

衝動買いしてしまったの巻

日常 自分のこと

昨日、買い物へ出かけたときに四男のクリスマスプレゼントも買いました。なんだかんだ言ってまだサンタの存在を絶対視している小5四男。だから内緒で買わざるを得ないのだ。で、ポケモンが欲しいのはわかってたんだけど、サンとムーン、どちらのほうが欲しいほうだったか失念してしまった私。いっそ両方買おうかとも思ったけど、そこまで四男はやり込む子じゃない。そこで絶対電話に出そうな次男に電話をかけて「四男、どっちのほうを欲しがってたかな」と尋ねてサンのほうだとわかり、無事購入したさっこさんですこんにちは。年取ると物忘れがひどくなっていかんのう。

そのクリスマスプレゼントを購入したついでに、本屋にも立ち寄りました。吉野朔実の新刊が発売されたという情報を目にしたので。

でもなかった…。田舎だししゃあないと諦めて帰ろうとしたら、目に止まったのが超人ロックでした。ものすごいファンというわけではないけど、今は亡き週刊少年キング~少年KING連載当時は読んでました。と言っても「光の剣」からだけどね~。古参ファンとはとても言えない新参ファン。それでも一応愛蔵版の「TO YOU」は衝動買いしたりしたんだよ…。当時(1983年)としては敷居が高い通販だったのに。限定商品に弱すぎだろ。

で、目に止まった超人ロックの作品というのがこれです。

超人ロック ラフラール(1) (ヤングキングコミックス)

超人ロック ラフラール(1) (ヤングキングコミックス)

ラフノールのその後を描いてるんですってよ奥様!あかん…ラフノール関係の話は好物なんだよ…。勿論好きなキャラはランとニアだ。最初に読んだシリーズっていうのもあるけど、この頃のロックは人間臭くてさ。年代が新しくなればなるほどちょっと人間離れした思考になっちゃってるので。というわけでついつい全巻買ってしまった。

f:id:plutan:20161223153704j:plain

内容は思ったものとは違ったけど、久々に超人ロックの作品読めただけ良かったと思うことにしましょう。というか、これまだ続きがあるんかい…。買うかどうか悩んでしまうさっこさんなのでした。