仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

ラジオから縄文人

明日は文化の日ですね。でも私としては文化の日じゃなくてアイコンの人、ジェーニャの誕生日です。明日で34歳になるんだぜ。34歳…もうそんなになるのかと思ったけど、長男が二十歳なんだからそんなもんだよなと思い直したさっこさんですこんにちは。いやー、歳月の流れって早いもんですね。

さて、私は運転中にラジオを聞くことが多いんですが、ラジオってテレビや新聞やネットではなかなか知ることができない小ネタをゲットできるので好きです。ネットに情報自体は転がっていても、自分が能動的に探し出した情報以外は全くアクセスできませんからね。テレビも情報番組があるけど、ラジオだとテレビと違ってながら聞きでも結構情報が頭に残るのがいいです。本日は昨日私が知った小ネタを披露します。

昨日のお昼過ぎ、外出先から帰宅途中にカーラジで聞いてたのが「オヒルノオト」というFMで放送されてる番組でした。この番組は平日の11時半から12時55分まで放送されているので、ご存じの方も多いのでは。なんとなしに聞き始めると「縄文人」とか言ってる…。縄文人?よーくよく聞くとゲストの方が縄文時代をテーマにしたフリーペーパーを作ってるらしい。縄文時代のフリーペーパーってまたえらくニッチなニーズしかなさそうなの作ってるんだなあと失礼ながら思ったんだけど、結構ファンがいるらしい。そして表紙は土偶のポーズをした都会の縄文人モデルが写ってるとか。都会の縄文人ってのも変だけど、土偶のポーズて。縄文時代のことなんてそんなに書くことあるんですか?というパーソナリティのちょっと失礼かなと思う質問には「縄文時代は1万年以上続いてたからネタは尽きない」とのお言葉。デスヨネー。でも一般的な歴史ものじゃなくて考古学の範疇に入りそうな気もするけど…。などと思いながら帰宅し、気になったのでそのフリーペーパーを探してみたらありました。

縄文人のマガジンだから「縄文ZINE」か。誰がうまいこと言えと。というか土偶のポーズをしてる人達は読モならぬドグモなのかよ。しかも結構可愛い子がいるじゃありませんか。言われなければ土偶のポーズとわからない写真のほうが多いぞ。

ちょっと読みたくなってきたけど、フリーペーパーなんてこんな田舎に置いてるところないよなと思いながら設置場所を一応確認したらあった!ありました市内に!車で20分ちょっとぐらいの場所だわ~。来年最新号が出るらしいからちょっと寄ってみようかな。

そしてTwitterに公式アカウントもあるのでそちらのbioを見るとTogetterのまとめへのリンクが貼ってある…?気になって読んでみました。

なにこの壮大なTwitter小説!なんでこんな素晴らしい作品が埋もれてたんだ…。これは世に広めるべき作品だと思う(断定)。面白くて勉強になるので長いですけど気になる人は読んでみてください。あんまりしゃべるとネタバレになっちゃうからあれだけど、ミッキーマウス最高です(謎)

というわけで、ラジオを聞いてたら縄文人についてちょっとだけ知ることができたというお話でした。いやー、ラジオって本当に素晴らしいですね。