読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

通知の履歴を残してくれるPast Notificationsが便利な件

ネット・CSS

昨日四男が算数の宿題をしてたんですが、問題が通分だったんですよね。でも間違ってる。いや、全部間違ってるわけじゃないんだけど、間違った問題はどうやったらこんな間違いになるんだ?というあり得ない数字を書いてましてな。四男に問いただしたんだけどさっぱり要領を得なくて。一応通分のやり方を教えたんだけど「学校で教わったやり方と違う」とのたまう。えっ、通分のやり方で違うやり方ってなんだよ。何通りもやり方があるわけじゃないのに…と不安になったさっこさんですこんにちは。四男はきっと何か勘違いしてる…。でもそれがどんな勘違いなのかわからないので不安すぎる。小学校の算数で躓くと中学生になっておいてけぼりになるから怖いんだよぉ…。

さて、そんな不安な四男の話からガラッと変わりますが、本日はスマホの便利アプリ、Past Notificationsのご紹介です。

ステータスバーや通知領域にいろんなアプリから通知がくるじゃないですか。あれ、時々見る前にうっかり消しちゃったりしません?でもPast Notificationsがあれば大丈夫!通知履歴を残してくれるんです。無料でも使えますが、広告非表示キーを購入したら広告非表示にもできます。私は買っちゃいました。インストールすると通知領域から起動することができます。

f:id:plutan:20161004145847p:plain:w300

設定すれば通知領域に表示しないこともできますが、まあ表示したほうが便利ですよね。

f:id:plutan:20161003194344j:plain:w300

通知の記録上限は2000件ですが、上限は設定で2000以下に変更可能です。記録上限に達すると古い履歴から自動的に削除されるので、履歴を手動で削除しなくても大丈夫です。

f:id:plutan:20161003194418j:plain:w300

肝心の履歴ですが、日付別でもアプリ別でも見られます。これが日付別。

f:id:plutan:20161003193331j:plain:w300

こちらがアプリ別。

f:id:plutan:20161003193543j:plain:w300

履歴の内容を見るには見たい履歴をタップすれば見られます。LINEだったら内容が全部読めちゃいます。絵文字やスタンプは表示されませんが。「アプリ起動」をタップするとアプリを起動できます。

f:id:plutan:20161003194515j:plain:w300

また履歴をロングタップするとアプリの履歴を記録するかどうかの設定ができます。記録する必要がないアプリは「無視」タップで無視リストに放り込んじゃいましょう。「削除」タップで選択した履歴の削除、「アンインストール」タップでここからアプリのアンインストールができます。

f:id:plutan:20161004150813j:plain:w300

f:id:plutan:20161004150904j:plain:w300

また、無視リストに入れたアプリですが、特定の文字を含む、もしくは含まない履歴を記録しない、という設定ができます。ただし、今のところ複数の文字を指定することはできません。複数指定は検討中だそうです。

f:id:plutan:20161003193924j:plain:w300

f:id:plutan:20161004075034j:plain:w300

如何でしたか?ステータスバーに通知アイコンが溜まったときも一気に消してPast Notificationsでゆっくり見る、という方法もありそうですね。LINEだったら既読にしなくても内容が読めちゃうという利点かどうかわからない使い方もできちゃったり。ともあれ、通知が沢山溜まってお困りのあなたにおすすめですよ。