読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

人は勝手に解釈する

少し前の話ですが、四男の宿題がなかなか終わらないので見てあげてたら、こんな問題がありました。

f:id:plutan:20160713200249j:plain

「妹と父の体重を合わせると7104kgです。」…え!?と固まってしまったさっこさんですこんにちは。こんな体重の人間いるかよ!象か?象なのか?一応この数値でも計算はできるのでそのまんま計算させて宿題を持って行かせたんですが、帰宅した四男が「先生が『104kg』の間違いって言ってた」と報告してくれました。デスヨネーそれなら納得するわ。

こういう明らかに間違いだろ…という件はまあいいんですが、人間、少ない情報から色々自分で肉付けして勝手な想像をしてしまうことがあります。最近ではこんなツイートを目にしました。


仮に私がこのお母さんの立場だったとしましょう。どんなにしんどくても自分でご飯を作ろうとしますよ。いつもやってることができなくなるぐらい、つらいことはないからです。「変わってやるから」と言われても拒絶すること請け合いです。まあ追いつめられると人って不合理な言動しちゃうから…。そういう妻の意志を尊重しつつ、夫が気持ちを受け止めてるパターンなのかもしれない。良いように考えたらね。

どちらにしてもこの情報だけで「お父さんはご飯を作らなかった」とは断定できないわけで。それなのになんでそれが当然みたいな引用RTしちゃうんだろうなあ…と思ったんだけど、実はこういう経験がおありで、自分の経験をこのツイートに重ね合わせちゃったのかもしれませんね。こういうあやふやな情報だと人は自分の経験と照らし合わせて勝手に結論を導き出す生き物なのかもしれない。私もきっとそんなことをやってしまってる。それが相手を傷つけることになる可能性もあるので、疑問に思ったことは確認する労を惜しまないようにしなくちゃならないなあと思いました。