読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

MENU

理想と現実…というか世渡り?

いろいろ 教育 日常

最近体のだるさがはんぱないさっこさんですこんにちは。どうやら生殖機能がいよいよお払い箱らしい。毎月いらっしゃるお客さんを2ヶ月ほど見てないことに気づきました。これから暑くなるのでめんどくさいお客さんが来ないのは助かりますが、こんなに体がだるいと死ぬ。マジで死ぬ。寝ても起きても体がだるいよ。生きてこの夏を乗り切れるのかしらん…と本気で思ってしまうわ。今日も風呂でしゃわったら即寝しよう…。明日5時起床なんだってば。

さて、そんなだるだるの中、昼から次男を寮まで迎えに行ってきました。すると次男が担任から教わったというありがたいお言葉を教えてくれました。

  • 高専はブラックな職場だと言うが、立ち回り次第でそうでもない
  • とにかく偉い人と繋がりを持て、頭はペコペコ下げまくれ、どんなに下げても頭は減らない
  • 偉い人と繋がりを持てば、いつクビを切られるかとビクビクしなくていい
  • 有給だって気兼ねなく消化できるぞ(実際に40日分の有給を毎年消化してると次男談)
  • 真面目なばかりではバカを見る、ごますれば高専で仕事するのも悪くないぞ

さすが高専の担任、言うことが違うね!高校の教師だと自らの職場環境をぶっちゃけたりしないもんなあ。でもぶっちゃけられていいのか悪いのか。きれいごとばかり言われるよりはマシ…なのか?

まあ高専と言っても次男の通う高専は下位ランクなので、上位ランクの高専だと事情が異なるのかも知れませんが。でも「うちの担任、鳩に会って話したことあるって」と言うのにはちとびっくりした。というか次男、鳩山由紀夫氏のことを「鳩」って言うなよ…。せめて「ぽっぽちゃん」で。