読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

MENU

知りたがる夫、知ろうとしない私

育児 家族 自分のこと

最近とにかく眠い。ちゃんと5時間は寝てるのに、昼になると猛烈に眠い。もう夏バテ?夏も始まってないのに…と思ってしまうさっこさんですこんにちは。食欲も減退してるし、こりゃあまた夏に痩せてしまうパターンかな。

さて、昨日こんなツイートを見かけました。

白状すると、こういうわかるまでとことん食いついてくる人は非常に苦手です。まだはぶられるほうがマシだと思ってしまう程度には。

というのもまるで研究対象になったような気分になるからなんですよね。研究対象ならとことん調べ尽くさないといけないわけですが、人間関係においてそんなにとことん調べないとやっていけないってことがあるの?と。確かに言葉を重ねに重ねたら相手の言わんとしてることを正確に把握できるかもしれない。しかし相手にその労力を強いてまで把握せねばならないことってそんなに多いのか?と思ってしまう。

まあ私には相手をわかりたい、という欲求があまりないのかもしれません。息子達のことにしても、私はあまり知ろうとしないほうです。本人が話すことや見聞きしたことは把握してますが、それ以外のことまで積極的に知ろうとしない。他人には無関心に見えるかもしれないなあ。息子達が大事だとは思ってるんだけど。

一方、夫は息子達のことをなんでも把握しておきたいほうです。一体どこで仕入れてきたの?という情報を息子達の前で披露して「なんで知ってるの?」と息子達を驚かせることが多々あります。夫から言わせると「何も知らないお前のほうがどうかしてる」らしいですが、そんなストーカーみたいなことできないよ…。以前長男が「ここ(実家)に居る限り、親父の監視から逃れられないのか」と言ったことがあるけど。それでも一人暮らしする気は今のところないみたいだけどね。

こんな全くタイプの違う夫と妻ですが、だからこそバランスが取れてるのかも。息子達も自分のことを熟知してる夫のほうに大事な相談はするし、雑談や愚痴は私にしゃべる、というふうに親を使い分けてます。これが両方とも夫と同じタイプだったら息子達も息がつまるだろうし、私と同じタイプだったらあんまりアテにされなかったかもしれません。両親揃ってるなら父親と母親のタイプは違うほうが、子供にとってはありがたいのではと思う母ちゃんなのでした。