読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

妊婦はワンオペ

妊娠・出産

買い物から帰宅すると郵便受けに大きな封筒が入ってました。またDMだろうかと取ってみると日テレの文字。そして宛名は四男。実は四男、毎朝ZIP!deポン!にチャレンジしていまして、私が代わりに応募してるんですよね。まさか…まさかなのか?と封を開けてみると本当に当選してました!クリアフォルダだけど。四男に「おめでとう」と報告したら「当たったんや。珍しいな」とクールな反応でしたが。

f:id:plutan:20160608121812j:plain

しかしテレビの懸賞で当選したのは我が家では初めてのことです。ラジオはちょいちょい当選してたんですけどね。リスナーが少ないせいか…?ともあれ、四男のやつなんて運がいいんだと羨ましいさっこさんですこんにちは。一度でいいから母ちゃんも当選したいぜ。

さて、話はガラッと変わりますが、今日は妊婦について書こうかと思います。以前こちらのエントリーを拝読させていただいたんですが。
妊娠経験がない方に伺いますが、私が妊娠中一番つらかったのはなんだと思いますか?体重が増えること?お腹が大きくなること?胎児によって内臓が圧迫されることで起こる体調の変化?確かにどれもこれもつらい要因にはなってましたが、根本的なつらさはそこじゃないんです。

妊娠は病気ではありません。少なくとも順調な経過であれば、家に引きこもっている必要はない。でも病気と共通してることがひとつあります。それは誰にも代わってもらえないことです。仕事なら他の人に代わってもらうことは可能です。でも病気はそうはいきませんよね。治るまでつらくて病気から逃げたくなっても病気を引き受けてもらうことはできない。妊娠するとそれと同じ状態になってしまいます。

病気と違う点はお腹に胎児がいることです。つまり自分ではない命に責任を持たねばならない。これは結構な重圧なんです。お腹の赤ちゃんに何かあったら自分を責める人がいるのはそのためです。胎児を育てるのは妊娠してる母親にしかできないのですから、誰のせいにもできないんですよ。つまり妊婦ってワンオペと一緒なんですよ。

それで僕は「明日のお迎えだけど行けそう?」と妻に確認した。 すると妻の表情がみるみる変わり、 「お迎え!? 行けるわけないでしょ? 言ったよね、切迫早産て! なんでそういう発想になるわけ?」 と鬼気迫る様子でまくしたてられた。

産前なのに産後クライシス。「妊娠なんてしなきゃよかった」と妻が言った。 - ほう太パパの七転び八起き

と件のエントリーにはありますが、奥さん、切迫早産ということで無意識に自分を責めてたんじゃないでしょうか。そこへ夫の普段と変わらない一言。ちょっとした体調不良ならまた違ったんでしょうけど、そのときの奥さんにはその言葉を受け止めるだけの余裕がなかったのではないかと推測できます。以前の妊娠でも切迫早産になったとあるので、そこら辺夫はわかってるだろうという気持ちもあって不安が怒りへと転化してしまったというか。

まあそんなわけで、ワンオペの上にこれ以上仕事増やすのか!?と思う奥さんの気持ちもわかるなあと言う話でした。まあ正直、以前切迫早産になったのならそういう緊急事態にどうするかを妊娠前に話し合っておけば良かったとは思いますが。