読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

MENU

ワープロ以前の話

感想 ネット・CSS

今日は高校の授業参観&PTA総会&部活・学級懇談会がありました。朝の9時半に出かけて学校を出たのは1時半頃。それから買い物して精米したら帰宅は3時をがっつり回りまして。もうぐったりなさっこさんですこんにちは。しかし三男のクラスは比較的大人しめだな。まだ入学して1ヶ月ちょっとで本性が出てないってのもあるだろうけど、なんとなく雰囲気的に長男のときよりも落ち着いた感じだった。最近の子は真面目なんかな。最近って長男でも十分最近の話なんだけどw

さて、帰宅してちょっと家事ってからパソコン開いたらこちらのまとめが目に止まりました。私がパソコン(Windows)触ったの、三男が生まれてからだから16年経ってないし当時もう30代半ばだったわけで。遅い!遅すぎる!でもその頃になってようやくお手軽に買えるようになったのよね…。ただ、私が高校に通ったのは1980年代前半の話なんですが、商業高校なので普通科の高校とは違って英文タイプだとか情報処理という教科がありんした。選択科目ですけどね。私が選択したのは情報処理だけど、英文タイプも友達に教えてもらったし、所属してた部活は和文タイプだったりしたので、かなタイプ以外はちゃんと使えてたです。

その和文タイプというのがこれである。

f:id:plutan:20110505104218j:plain

f:id:plutan:20110505104309j:plain
タイプライター たのもしき日本語 ( その他芸術、アート ) - touring mind - Yahoo!ブログ

文字盤の中央にひらがなとカタカナ、句読点があって、その外輪側に頻出する漢字が配列されておりました。これ、大体どこにどの漢字があるか覚えないと打つのにすごく時間がかかるからちゃんと覚えるんですよ。まあキーボードと同じですね、その辺りは。覚える数が段違いってだけの話で。日商2級の検定に合格したんですが、高校卒業後は会社にワープロがあったので全く使ってないし、こんなの家庭用に買うわけもなく使う機会はありませんでした。というわけで、今使えと言われても使えませんw

そして情報処理。商業高校なのでさわりだけBASICは習ったけど、メインはCOBOLである。そして一番に思い浮かぶのはこの用紙です。

f:id:plutan:20160514160939j:plain
懐かしいモノ - 鳩ヶ谷高校情報処理科第一期生同窓会 - Yahoo!ブログ

これこれ!プログラミング用シート!めっちゃ懐かしい…。これにしこしこ手書きでプログラムを書くのである。今だと考えられない話ですが。こうして手書きで書いたプログラムは勿論そのままでは実行できないので、パンチカードにプログラムをパンチして、実行する手はずを整えるわけです。勿論データもパンチカードを使うのである。

f:id:plutan:20160514162021j:plain
OpenMedia blog » 001 紙カードの時代 (大型汎用機1)

このパンチカードをパンチするのに使うのがカード穿孔機。キーボード型のもあったんですが、そんな金は学校になかったんでしょう。もっと原始的なやつをつかってました。

f:id:plutan:20160514162240j:plain
Schwarzschild Cafe

これが一番学校で使ってたのに似てるかな。結構キーが固くてね…。いや、新しいやつはサクサクパンチできるんですが、古いのになると力が結構要るのです。全部パンチし終わったときの疲労感たるや。

ここまでやっても学校にコンピュータがない時代でありました。当時はべらぼうに高価だったろうし、そりゃ全ての商業高校、工業高校に専用のコンピュータを買うのは無理ですよね。今は小学校にすらパソコンが並ぶ時代ですが。ま、そんなわけで名称は忘れたけど大阪市(だったと思う)の情報処理の学習用施設まで足を運ぶことになります。そこでプログラムをようやく実行できるわけです。道のりが遠い…。

そうやって苦労して覚えて第二種情報処理技術者試験も合格したのに、やっぱり卒業後は全くプログラミング関係ない仕事をしてたので、今はなーんもプログラム組めません。今役立ってるのは英文タイプで覚えたタイピングだけです'`,、('∀`) '`,、

そんな私の息子達のうち、次男が高専に入学してプログラミングをせっせと覚えてるわけで、まあそこら辺は血筋なんかもしれません。別に次男に何かを教えたわけじゃないけど(ぉ