読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

息子達の誕生日

育児

毎日のことですが、朝はバタバタします。朝食と三男のお弁当作り、洗濯、アイロンがけ、そして四男を通学バスのバス停まで送ること。四男をバス停まで送るのは、この4月から新たに加わった仕事です。学校が合併してバス通学になったんですが、バスの停車位置へ行くには国道を横切らなくてはなりません。しかし田舎なので横断歩道が少ないんですよ。というわけで安全に渡るために見届けなくてはならなくなったわけです。もう小5ならそれぐらいひとりでいけると幼いお子さんしかいない人は思うかもしれませんが、これがなかなかどうして、本人はきちんと左右を確認してるつもりでも全くそんなことはなかったぜ!という事態をこの目で確認してるので安心は全くできませんです。まあこの仕事も四男が小学校を卒業するまでなんですけどね。中学生になれば自転車通学になるので、それまでにきちんと安全面に気をつけて通学できるようになって欲しいと思うさっこさんですこんにちは。

さて、その四男は今日が誕生日。11歳になりました。来年は年男かあ…早いものですね。確か四男が生まれた頃、はてなに登録したと記憶してます。はてなとのお付き合いも四男とのお付き合いも同じぐらいの歳月だというわけです。そして4月は我が家の誕生日ラッシュです。8日が私、9日が次男、そして今日が四男。家族6人のうち半数の3人が誕生日を迎えるわけです。なんでこんなに偏っちゃったんだろう。ひとりだけ冬生まれの夫がなんか浮いてるしw

今は息子達も大きくなったので問題ないんですが、昔はこの誕生日ラッシュで困ったことがありました。三男が自分も誕生日プレゼントを欲しがるからです。まあそりゃそうですよね、次男も四男ももらえるんだから。長男はあまりそういうことで困らせることはありませんでしたが、三男には弱りました。泣いて暴れはしないものの、この時期に買い物へ連れて行くと欲しいもののそばに張り付いて離れようとしなかったんですよね。三男ひとりだけならひっぺ剥がして連れ帰ればいいだけですが、4人も連れてたらそうもいきません。根気よく説得するのに苦労したものです。

そんなこんなで歳月が流れ、長男が働くようになり、その長男が弟達に誕生日プレゼントを買うようになりました。「おい、プレゼント買ってやるから一緒にこい」と弟を車に乗せて出発。のほほんとしてあまり自分から動かない長男ですが、こういうところは兄らしい一面を見せます。次男は「別に欲しいものはない」と言うので小遣いを渡されてましたが。四男はどうせゲームソフトをねだるだろうから、中古でなんか買ってくるでしょう。四男も2年後には中学生になるし、もうそろそろ親からのプレゼントはなくしてもいいかな、なんて思う母ちゃんでした。