読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

やらかい心と長男の成長

午前中、用事で外を走り回ってたので、昼からのんびりしてるさっこさんですこんにちは。息子達のほうは私とは逆で、午前中はのんびりして、昼から竹林の手入れに出かけてます。明日は雨の予報なので、今日のうちにできるだけしまいしとこか、ということで。10年前は夫と私と手伝いにきてくれる義兄や義姉達と作業してたのに、もう息子達に任せられるようになったんやなあと、しみじみする今日この頃でございます。

さて、先日書いたように社会人2年目に突入した長男ですが、昨夜同じ会社に勤めてる友達と一緒に夜になって遊びに出かけました。「9時から映画を見る」と言ってたんですが、日付が変わって1時になっても帰ってこない。2時までは起きて待ってたんですが、帰ってくる気配がないし、連絡を取ろうにも運転中だったら悪いと思って先に寝てしまいました。朝起きて尋ねたら3時に帰ってきたそうな。その後すぐに寝たのかと思いきや、5時まで起きてゲームをプレイしてたらしい。若いってやっぱりすごいな…私にはもうそんな元気は残されてないや。

その長男が言うには一緒に遊びに出かけた友達が仕事の愚痴をだらだらと垂れ流すそうです。「よくあれだけしゃべることがあるな」と感心してるんだか呆れてるんだかわからないような感想を述べた後で「なあ、仕事ってそんなに愚痴を言いたくなるほどストレス溜まるんか?」と真顔で尋ねてきました。さすがに友達に直接聞くようなヘマはしないところが次男と違うところである。次男なら絶対本人に聞いて怒らせてるに違いない。

その場では「まあ人によるんじゃないの?」と返しておいたのですが、ちょっと考えさせられてしまいました。長男、普段全く仕事に対する愚痴は言わないんですよね。「仕事は大変」とは口にするけど愚痴らしい愚痴はまず言わない。黙ってるだけかと思ったらこの質問からするにほとんど愚痴るようなことはないらしい。なんでだろうかと考えたんですが、それは普段長男が口にする言葉にヒントがありました。

長男はよく「覚えなくてはならないことがいっぱいある」と仕事に関して口にしてるんですよね。そして自分がまだまだ未熟で使い物にならないと思ってる。「何年かしたら先輩と同じようなことができるんだろうか」とも言ってますから。勉強して役に立つ人間にならなくては、という気持ちが強くて大変さも愚痴に繋がらないのでしょう。未熟なんだから大変で当たり前なんだと。

昨年のお盆休みのとき、県外に住む義姉のお宅に家族でお邪魔したんですが、そのときに義姉が就職した長男のためにと会食の席を用意してくれました。そのときに長男がお礼の挨拶をしたんですが「これからは今まで助けてくれた皆さんのご恩に報いたいと思います」と述べました。そう、お天道様に感謝し、自分を陰で支えてくれた人達に感謝し、これから出会う人達に感謝し。長男の中にその感謝の心がちゃんと育ってたわけです。それはなによりも嬉しく、今までの苦労が報われたと感じた一瞬でした。そして「ああ、もうこの子は何があっても大丈夫」と思いました。長男は本当に子供から大人になったのです。

今日、朝ドラ「あさが来た」が最終回を迎えましたが、その中でヒロインのあさは「人を幸せにするのは優秀な頭脳とやらかい心」と言いました。長男が優秀な頭脳の持ち主かどうかはわかりませんが、少なくともやらかい心…感謝と人の役に立とうと思う気持ちは育ったようです。これから先、長男の人生にどんなことが待ち受けているかはわかりませんが、そのやらかい心があればきっと周囲が助けてくれるし乗り切っていける。そう信じてます。長男よ、今までのご縁もこれからのご縁も本当に大切に大切にしいや。