読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

MENU

卒園・卒業式にも慣れました

育児

本日は三男の合格祝いも兼ねて、義姉と義母が息子達を食事に連れて行ってくれました。長男は仕事なので対象外だったけど。お陰で家事がひとつ減って楽ができたさっこさんですこんにちは。どうも最近疲れ気味で、昼からマジで爆睡してしまったぐらいなので助かりました。それにしてもなんでこんなに疲れてるのか。年かのう…。

さて、今週のお題は「卒業」とのことですが、先日も書きましたように三男が無事中学校を卒業しました。親として卒園式・卒業式に出席するのはこれで11回目です。そしてまだ5回残ってる。今のところ大学へ進学する予定の子がいないので5回ですが、ひょっとしたら1回か2回増えるかもしれない。まあ大学の卒業式なんて親は出席なんぞしないと思うけどさ。今のところ出席してないのは高専の卒業式だけなんですが、それ以外の卒園式・卒業式で思い出に残ってるのをそれぞれ挙げてみましょう。

幼稚園

やっぱりこれは長男の卒園式ですね。何しろ親になってはじめての卒園式でしたから。しかも先生方が泣かせにかかってくるからずるい。卒園証書をもらった園児が親に証書を手渡しにきたり、定番曲「思い出のアルバム」の歌詞を園生活に合わせてアレンジして卒園児に歌わせたり。自分がこんなに涙もろいなんて思いもしませんでした。まあそのうち慣れてくるんですけどね、ええ。

小学校

これは三男の卒業式ですね。息子達のうちで唯一、卒業式で号泣したのがこいつです。教室で記念写真を撮るときも涙が止まらないので友達に笑われたぐらいです。女子はともかく、男子でこんなにな泣く子は生まれて初めて見たよ。それぐらい小学校との別れが寂しかったらしい。今でも「小学校は良かった」とおっしゃる三男です。

中学校

これは甲乙つけがたいけど、三男かな。長男のときもだったんですが、式が終わって教室に戻ってから担任が泣いちゃって。それだけじゃなく、担任に内緒でクラス全員で歌の練習をして教室で歌ったんですよ。こういうことを自主的にできるってことはそれだけ担任のことを生徒達が信頼してたんだなあと。次男のときは生徒達が担任を嫌ってたのであっさりした別れでしたがw

高校

これは長男しか経験がないのでアレですが、卒業式が始まる前、保護者達が子供の結婚だとか孫がどうたらという内容をちらほら話していて「さすが高校生の保護者の集まりだわ」と思ったもんです。私も四男が高校を卒業する頃にはそんな話題に花を咲かせられるのだろうか?教室では結構和気藹々とした雰囲気で担任と生徒達がじゃれていたので、なかなか面白いものを見させていただきました。なにしろ女子が全くいないクラスだからね。三男も同じ高校に入学し、やはり女子のいないクラスとなるわけですが、果たしてどんな高校生活が待ち受けていることやら。

とまあかるーく今までの卒業式を振り返りましたが、残りの卒業式ではどんなドラマが待っているのやら。次は2年後の3月、四男の小学校卒業式です。そのときまでこのブログが続いてたら報告させていただきますね。