読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

待機児童問題解決方法を考えてみた

今日は恐ろしいほど暖かい。暖房なしでも過ごせるどころか、上着なしでも暑いぐらいです。どうか中学校の卒業式もこれぐらいの陽気でありますようにと祈るさっこさんですこんにちは。だって卒業式が行われる体育館って寒いんだもの。一応ストーブはつけてくれるけど、焼け石に水的な。膝掛けは持って行くけど、式典が長いのでやっぱり足元が冷えるんだよね。何故長いかって、卒業生全員の名前を読み上げるからなんだけど。あれ、正直必要なんだろうか。こちらの中学校ではクラス代表が卒業証書を受け取るので、名前は呼ばなくてもいいと思うんだけどなあ。ちなみに私が卒業した小学校は卒業生全員が壇上で校長から直接卒業証書を渡されました。200名以上いたんだけど。

さて、子供を保育園に預けたくても預けられない保護者問題がネットを駆け巡ってますが、そもそも都市部では人口が集中しすぎてるので受け入れる施設も足りなければ保育士も足りないのでは…と思います。幼稚園ですら並ばないと入れないなんて話が出てきますもんね。幼稚園から「どうか入園してください」と入園届が送られてくるこちらとはえらい違いだよ。保育園も入れなくて困った、なんて話聞いたことないしなあ。田舎は子供が少なすぎる。

まあそれはさておき。箱物問題のほうは小中学校の空き教室を利用すればなんとかなるんじゃないかなと思うんですが、都市部では小中学校も満杯なんですかね?仮に空き教室があって利用できるとなると、結構利点があると思うのですよ。

まず保育園を併設すると園児の保護者が頻繁に出入りするわけで、自然と中学生達の行動を見守ることになります。中学生も幼い子には優しい子がほとんどなので、多少は言動に注意するようになるのではないかなと。身近で幼い子を見ることで、子育てがどんなものかなんとなくでもわかってくれるんじゃないかと思います。きっとそれが将来親になったときに役立つと思うんですよ。また、グラウンドや体育館があるので園児が外で遊ぶのも問題ありません。もし空き教室があるなら、利用しない手はないと思うんだけどなあ。

そして保育士の確保。それについてはこんなコラムがあります。

また,保育士についても,同調査の推計によると,平成12年の就業者数は,36万1,488人,うち男性は4,666人で,全体に占める割合は1.3%であったが,22年では,就業者数は47万4,900人,うち男性は1万3,160人で,割合も2.8%に上昇している。

コラム4 男性の新たな職域拡大| 内閣府男女共同参画局

割合が増えても2.8%…。保育士はほぼ女性じゃないか。では幼稚園教諭は?と調べたらこんなのが。

ちなみに、2001年度の統計結果では、男性が6,423人、女性が100,280人の合計106,703人ということです。2008年度は、男性が7,183人、女性が104,040人の合計111,223人のようです。2008年には、2001年度よりも幼稚園教員の数が若干上昇傾向にありますが、男女比としては1:15から1:14.5に変化しました。

その後も、男性が増加傾向にあります。2009年度は、男性が7,205人、女性が103,487人の合計110,692人。2010年度は、男性が7,250人、女性が103,330人の合計110,580人という結果があります。1:14.3と若干ですが、男性は男性の比率が増えています。

男女比 | 幼稚園の先生になろう!

保育士よりさらに割合低いじゃないか…(しろめ)

ともあれ女性保育士だけを増やそうとしても限界があるし、男性保育士を増やすのが理にかなってるのではと思うのですよ。国は男性保育士育成にも力を入れたらいいのではないか。保育士と言えば収入的に待遇が悪いという話が出てくるので、そこら辺は義務教育のように国がある程度負担するといいんじゃないかなあ。

それに男性保育士が増えるのは子供にも良い影響を与えると思うんです。幼い内から子供の面倒を見る男性と接するわけで、男性が子育てに関わることが当たり前だと思う子が増えるんじゃないかなと。保育士になりたいと思う男児も増えるかもしれません。個人的にはいいこと尽くめだと思うんですが。

まあ実現するためには資金など、きちんと運営するためにクリアしなければならない問題はたくさんあるわけですが、なんとか子供のためになる解決方法を皆で考えていきたいものです。