読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

MENU

義務教育は親の負担が大きい

教育 育児

昼から三男が塾へ行くのでそれまでにちょっと買い物に出かけて戻ってきたら、四男が「次男兄ちゃんに聞いたけどわからないって言われたから教えて」と算数の宿題を差し出しました。この問題なんですけどね。

f:id:plutan:20160227123912j:plain

小4(もうすぐ小5だけど)の問題にしては難しくないか…。というか、数Ⅲまで履修してる次男が何故小学校の算数問題を解けないのだ。四男よりも次男のおつむの出来に疑問を抱いたさっこさんですこんにちは。頼むぜ次男…留年せずに卒業できるんだろうな?

さて、この宿題ですが。小学校卒業までは親のチェックが必要なんですよね。ゆとり教育だった上の子達のときは小3ぐらいまでしか音読の宿題はなかったと思うんだけど、四男は小4の今でも音読の宿題ガガガ。なんなのいつまで音読の宿題あるの?一々聞いて評価してサインしなきゃならないっていい加減うんざりなんですが。

それに生活科や社会の宿題ですが、とかく親に聞いてこいというのが多い。この前は「家にある保存食とその保存方法をおうちの人に聞いて書いてください」という宿題が出ましてな。てっきり非常時の保存食だと思ったんですが、そうではなくて「できれば家で作ってるもの」と言われました。例を見ると梅干しや干し柿が書いてあったので「うっ…」となってしまった。結局そのとき家にあった干し芋とキムチといつも冷凍庫に常備してるあんこ(一度にたくさん作って小分けして冷凍してるのだ)を書かせたけど、なんか…うちの食生活を暴露してるみたいでちょっと勘弁してって思ってしまった…(;´Д`)ウウッ

しかしこんなんのんびり付き合えるような余裕って共働きの家庭だとそうないと思うんだけど。そもそも音読なんて学校でやればよさそうなもんなのに何故家庭でやらせるのか、甚だ疑問なんですよねぇ。宿題だって親が教えないと出来ないような問題出すとか、ちょっとやばくないか。その上自主勉強と日記は毎日やることになってるので、できる子はそう問題ないんだろうけど、授業についていくのがやっとの子だと親の負担は増大します。四男は大方解けるには解けるんだけど、時間のかかる子なので宿題だけで2時間かかることもある。勉強嫌いにならないかこれ。

中学生になると宿題の量がもっと増える上に部活参加は必須。しかもほとんどの子は塾に通ってる。塾に通わないと授業についていけない子がぐぐっと増えるんですよこれが。親も自分のときとは内容が変わってたりするので教師でもなければ迂闊に教えられないし、義務教育は手間も金もかかるんですよね。こういっちゃなんだけど、バカであればあるほど余計なお金がかかる。

個人的には義務教育も単位制にしてくれたらいいのになあと思ったりします。得意な教科はどんどん先に進ませたらいいし、不得意なものはできるまで授業を受けさせてくれたらなあと。全員が同じ授業を受ける、というスタイルには無理があるのでは…と、中学生の成績を聞くと思うのです。だってできる子はほぼ満点近い点数取るけど、できない子は頑張っても百点満点で10点取れるかどうかって子も結構いるんだもの。こんな状態で義務教育終了ってちょっとどうなんだろうと考えてしまいます。