読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

インフルエンザがやってきた

ああああやだああああっ!長男が…長男がインフルエンザB型に感染したよぉ!なんてこったい受験生抱えてるのに(そっちの心配かい)。まあ熱は大したことなくて本人はそこそこ元気なんですが、当然自室に隔離ですよ、隔離。治るまで家人とは接触禁止、やむを得ず部屋に入った後は手洗いうがい必須ですな。そして週末、長男と同じ部屋で寝た次男は大丈夫だろうかと気を揉むさっこさんですこんにちは。

それにしても昨日「仕事出来るかどうか自信ないから休む」と言ってくれて良かったよ。あのときは熱がなくて悪寒がすると言ってただけで、本人曰く「仕事休まないほうが良かったかなと後からちょっぴり後悔してた」らしい。しかし出勤してたらパンデミックですよ。職場を全滅させるところだったかも。皆さんも体調崩したらしっかり休んでください。大したことないからと出勤するのはやめましょうね。万が一ってことがあるので。

さて、そのインフルエンザの薬ですが。長男は中学生のときもインフルエンザに感染して、今日通院した病院と同じところで診てもらったのですが、そのときに処方されたのは吸入薬のリレンザでした。しかし今回処方されたのはカプセル剤のタミフルでした。こちらのページを見ると、10代だとリレンザ推奨だけど、20歳以上だとタミフルもOKらしい。

インフルエンザの治療薬(2015−2016) | 小泉重田小児科

長男は19歳だけど今年20歳になるのでタミフルが処方されたのかな。中学校でインフルエンザが流行りだしてるらしいので、ひょっとしたらリレンザがあまりなかったという可能性も否定できませんが。しかしインフルエンザの薬ってタミフルとリレンザだけかと思ったら、最近は他にもあるのね。ここ数年、家族が誰もインフルエンザに感染しなかったので全然知らなかったよ。

それにしても困ったことになった。長男、錠剤やカプセルを服薬するのが超苦手なんですよ。私が付き添って受診してたときは診察時に「この子は錠剤やカプセルが苦手なので、できれば粉薬かチュアブル錠などにしてください」とお願いしてました。でもさすがにもうすぐ20歳なのに親が付き添うのは過保護すぎるし本人も恥ずかしいだろうからと病院へ送っていくだけで済ませたらこれだよ。

「この年で錠剤苦手と言うのが恥ずかしくて言えなかった」って…。いや、飲めないなら言わなきゃダメだろ!まあ意地でも飲んでもらいますが「カプセルって存在感ありすぎて飲み込める気がしない」と弱音を吐いてらっしゃいます。次男は長男とは逆で「口の中にいつまでも薬の味が残るから」という理由で粉薬が苦手なんですが、こっちは粉薬を入れるカプセルが市販されてるので、それを使えば解決するんだなあ。

HFカプセル サイズ00号 100P

HFカプセル サイズ00号 100P

誰か錠剤やカプセル苦手でもすんなり飲んでもらえる方法教えて!ホンマ頼んますわ…。