読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

フェミニズムと人としての幸せ

いろいろ 感想

また四男の友達が2名遊びにきてます。このところ毎週末遊びにきてる。それは賑やかでいいんですが、毎回我が家ばかりで飽きないのかなあと思うさっこさんですこんにちは。とは言え、いつもやることと言えばゲームをするか家の裏で鬼ごっこなどで遊んだりなので、どこの家に遊びに行こうがやることがそんなに変わらないのかもしれない。ま、目の届く範囲で遊んでくれたら私としては助かるので、予定があるとき以外はいくらでも遊びにきてくれていいんですけどね。

そんな賑やかな中でこちらのまとめを拝読しました。フェミニズムに関してはWikipediaではこう書かれています。

性差別を廃止し、抑圧されていた女性の権利を拡張しようとする思想・運動、性差別に反対し女性の解放を主張する思想・運動などの総称。

フェミニズム - Wikipedia

しかしここで問題にぶちあたります。果たして全ての女性が抑圧されていると思ってるかどうか、ということです。たとえばあなたの目の前に奴隷がいます。その奴隷の主人はとても心優しい人で、奴隷への待遇も良く、家族のように付き合ってくれます。その奴隷に対して「あなたは抑圧されている、奴隷制度を廃止して解放してあげよう」と言ったとして、それにすぐ賛同してくれるでしょうか?奴隷からすると現状で十分満足してるのに「抑圧されてる」と言いがかりをつけられた挙げ句、今の生活をぶち込まそうする相手の言い分を受け入れるとは到底思えません。

フェミニズムの思想自体は理想だし反対する理由もありません。でも現状に満足してる人に「あなたは抑圧されてる、不幸なんだ」と言い回るのはどうか?ということです。今よりもっと自分も自分の周囲の人達もより良い人生を送れるよ、という雛形を提示しないと何も響かない。むしろ反発しかないでしょう。

理想を追い求めるのは素晴らしいことですが、それと引き換えに人の気持ちを切り捨てるのはだめでしょう、という単純なことです。もし誤解があるのなら、時間がどんなにかかっても相手が納得するまで説得するしかありません。それをすっ飛ばしてしまうと思想の押し付けにしかならない。

うろ覚えですが、柴田昌弘の紅い牙シリーズでバードに自分が属する組織、タロンのやり口を非難されたソネットが「社会を変えるためには多少新鮮な血が流れても仕方ない」というようなことを言います。でも自分がその新鮮な血だとしたら?そういうことですよ。多数の人の幸せのためには自分が犠牲になるのもやむを得ない、と考える人はそう多くはないのです。

紅い牙 ブルー・ソネット (1)

紅い牙 ブルー・ソネット (1)