仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

「腹切れ!」事件

今日で年内の塾通いは終了の三男。これから宿題に邁進するそうでございます。年始は5日からだそうで、それまでに宿題頑張ってくれ。1月には私立高の受験があるんだしと思うさっこさんですこんにちは。もう受験本番まで秒読み段階になったとかあんまり信じたくない。合格通知を見るまではキリキリと胃が痛む日々が続きそうです。

さて、昨日は先日亡くなった夫の叔父の四十九日の法要がありました。もうあれからそんなに経つのか。そして法要には夫だけが参列しました。その時点で嫌な予感はしてました、ええ。

実は夫の一族はうわばみ一族と言っていいぐらい呑兵衛揃い。前にも書きましたが、夫の兄弟のお宅にお邪魔すると「さっこさん、飲み物はビールがいい?それとも焼酎?チューハイ?日本酒?」とアルコール類しかすすめられない有様で。お茶という選択肢はないらしい。

当然、法要でもしこたま飲んだらしい。そして夕食の支度も調った夕方6時過ぎに「姉さん(末の義姉)と○○という店でいるから迎えに来て」とコールが。先に長男に電話をかけたみたいなんだけど、長男は先輩と遊びに出かけてたので断られたらしい。長男、断って正解だぜ。

迎えに行くともうすっかりできあがってまして「ああやっぱり」ですよ。「お母ちゃん、お母ちゃん」とべたべたくっついたりツンツンつついてきたりする。お前いくつだ。まあ寝てないだけマシだけど。寝たら車までよう運ばんでよ。義姉が「さっこさんも食べて行って」というのでありがたくお相伴にあずかって義姉を送り届けてから帰路につきました。車中でも寝るのかと思いきや運転中なのにつついてきたり髪をいじられたりと往生しました。「お母ちゃん大好きだよぉ」はいはい、わかったから大人しくしろ!

で、自宅に到着したらまだ風呂に入ってなかった次男は風呂に逃走。夫の様子を見てヤバイと思ったらしい。お前賢いな。その代わり長男が抱きつかれたりPS4のcontrollerを充電してたのに引っこ抜かれたりとえらい目に遭ってましたが。一応「風呂に入るの?」と尋ねたら入ると答えたんだけど、次男が風呂から出てきたので入るように促すと「先に入れ」と言うのでさっさと入ろうとしたらなんか様子がおかしい。キッチン用のハサミを持ってる…?「ちょっと何してるの?」「なんでもないから先に入れ」と言うのでとりあえず先に入って風呂から出てみたら下着姿でぐっすり寝ておりました。

やれやれこれで一件落着か…と思ったら、長男と次男から愚痴を聞かされる羽目に。「父さん、部屋に入ってきていきなり『腹切れ!』って叫ぶからびっくりしたで」と言うじゃありませんか。何がなんだかわけがわからないので話を聞いてみると…。

夫、ベルトを外そうとしたんだけど、逆に締めつけてしまったらしい。ベルトがピン式じゃなくてバックル式(ベルト穴のないタイプね)だったのがまずかった。

で、緩めるつもりが締めつけまくった結果、ベルトが外れなくなってしまったのでハサミを持って長男と次男の部屋に突入し「腹切れ!」と叫んだというわけです。私が目撃した時点で腹にベルトが食い込んでたんやね。早く気づけば良かったけど後の祭り。だってまさか自分で腹を締め上げるなんて思わないじゃん…。結局、次男がベルトを切って苦しさから解放された夫、「もう眠い」と風呂に入らず寝こけてしまったというわけです。

夫の欠点の中でも唯一直して欲しいと思う酒癖の悪さが嫌な予感通り発揮されてしまったわけで、息子達は「またか」という顔をしてました。すまん長男次男。50代のおっさんの子守りを任せてしまってほんますまん。次からはちゃんと母ちゃんが子守りするからと二人に謝り倒したさっこさんでした。