仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

子供の成長

朝は暖かかったのですが、昼から雨が降り出して冷える。三男は今日から塾の冬季講習があるので送迎したんですが、迎えに行と「さっぶ!外さっぶ!」と叫びながら車に乗り込んできました。上着も羽織らずに出かけるからやで…と思ったさっこさんですこんにちは。なんで男子ってこうなんだろ。「大丈夫だから」と言っておきながら全然大丈夫でないことが多々あるしのう。

さて、昨日は小学校と中学校の個人懇談に行ってきたわけですが。以前四男がどうやら休み時間にぼっちのようだと書いたのですが、その件について先生に質問してみました。先生曰く「皆が外に遊びに行くので『四男くんも遊びに行ってきたら?』と促してみるんですが、なかなか遊びに行かないんです」とのこと。決して同級生と仲が悪いということもないと。一応先生も気にかけてくださってるらしい。「このままで来年度から新小学校の同級生と馴染めるもんでしょうか?」「他校と合同の遠足のときは変顔したりギャグを言ってみたりして皆にウケてたから大丈夫ですよ、きっと」。先生…それ本当に大丈夫なんすか…。いじられキャラになりそうな未来しか見えないんですが。そーいや写真撮るとき、必ずと言っていいほど変顔するな、四男。まあともあれこの件に関しては様子見しかなさそうです。

その四男の個人懇談の後、閉校になるから捨てるしかない学校の備品やPTA文集を持ち帰ってよかったので、長男が入学してからのPTA文集を全部持ち帰ってきました。PTA文集には当時在籍してた児童の写真とコメントが載ってるので。昔持ち帰ってきたのはボロボロになってるからちょうどよい。

で、久々に長男が1年生のときのPTA文集を見たら、長男が思いの外女の子顔だった。

f:id:plutan:20151222173832j:plain

そう言えば、当時義姉達が「長男くんならジャニーズに入れる!」と伯母バカ全開だったんだけど、毎日顔を見慣れてるこっちとしては「そこまではいかんだろ…」と思ってたんだっけ。そもそも当時の長男は人見知りする子だったし運動神経もお世辞にもいいとは言えず、ジャニーズなんて無理っしょ、としか思えなくて。今現在、Fallout4を「ひゃっはー!」と言いながらプレイしてる姿を見るにつけ、やっぱりこの子にはジャニーズは無理だったとしか思えない。

でも、12年前はこんなに幼い顔してた長男が今では社会人になってるわけで。たった12年しか経ってないのにですよ。考えたらすごい成長ぶりですよね。子供の成長って生まれてからの1年間がすごすぎてそれ以降はものすごく成長がゆっくりに思えるんだけど、こうして振り返ると十分すごいわ。

そのPTA文集に書いてる長男のコメントは「こま回しが上手になりました。2年生になったら一輪車が上手に乗れるように頑張りたいです」でしたが、一輪車…長男…上手に乗れるようにならなかったよな…。ま、でも他のことで十分頑張って表彰までされたしな。

ちゃんと自分ができることを見つけてそれを伸ばしてくれているから、良かった良かった。一輪車は乗れなかったけどw自分がまだまだ未熟だということも身に染みてわかったみたいだし、これからは社会人としての我が子の成長を見守るという楽しみが増えたというものです。なんか急にすごく大人な態度を取るようになってきたし。いや、社会人になった以上、未成年でも大人なんですけどね。