読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

MENU

子育てで体力と時間的に楽になる頃

育児

今日は小中学校とも5時間授業なのですでに年少組は帰宅しております。さーて、宿題に時間がかかる四男の尻叩いて宿題させないと…と思ったところで三男が「友達がうちで遊びたいと言ってきたんやけどいい?」とおっしゃるじゃありませんか。お前らが横で遊んでたら四男全然宿題すすまないんだよわかってるだろと心の中でつぶやいたさっこさんですこんにちは。というか、三男よ受験生なのに遊んでる暇あると思ってる?もう崖っぷちなんだけど。一応「四男がいないところでならOK」というと、諦めて勉強始めました。それでいいんだよそれで。次男なんて気がついたら勉強開始して5時間経過してたことがあるなんていう凄まじい集中力を見せることがあるのに、年少組は全然集中力がないのも悩ましいところです。

さて、あさイチのおっぱい特集を見た後にTLに飛び込んできたのがこのツイートだったんですが。


あーこの選択肢だと「ずっと楽にならない」を選ぶ人が多いだろうなと思いました。そして今のところその通りの結果になってる。下のお子さんが小学生にならんと時間的に「楽になる」と実感する人は少ないんじゃなかろうか。未就学児はなにかと手がかかるから。

また、一人っ子と違って悩ましいのは兄弟姉妹の関係性と性格に左右されると言うことです。我が家だと三男は四男を猫可愛がりしてたので四男が生意気盛りになるまでは喧嘩なんて全くしなかったのですが、次男と三男は幼い頃から喧嘩ばかりで騒々しかったですからね。次男のお節介なところと三男のマイペースを崩されるのを異常に嫌うところが馬の合わない原因だったわけですが。登下校中もトラブルを起こして先生にペコペコ頭を下げる羽目に。三男は「次男兄ちゃんが意地悪する」とよく泣いてたけど、泣きたいのはこっちだよぉ…。理想は上の子が真面目で大人しく、上の子と下の子が信頼関係で結ばれ、なおかつ上の子が適切に下の子を指導してくれることですが、まあそう上手くいくとは限らない。それにこれだと上の子の負担が大きくなりますからね。

個人的に体力面で楽になるのは「下の子があまり病気にならなくなったら」ってところですか。未就学児で一番大変なことって突然の病気ですからね。上の子達が幼い頃は毎週病院通いしてたような気がする。ひとり元気になると別の子が病気になるの繰り返し。三男が入院して上の子達を夫に任せて病院で寝泊まりしたこともあったなあ…(遠い目)。そんなこんなでこっちの体力が持たなくてぶっ倒れることもありました。小児科で親子揃って点滴されたことも。それが大きくなってくるとある程度体力もつくのでそう頻繁に体調を崩すこともなくなりますからね。病気になっても付きっきりで看病しなくてよくなるのもありがたい。その目安が下の子が小学生になる頃かな。うちの子は全然病気にならないよ!病気知らずだよ!という場合は下の子のおむつが外れたら格段に楽になるかもしれないですね。