仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

4年は長いか短いか

ちょっと前に仕事の途中でうちに立ち寄った夫。外回りメインだからちょいちょいこういうことがあるのです。夫が顔を見せると効果は劇的で、ごろごろしてた三男は勉強を始めるし、四男はゲームをやめるし。つまり私がなめきられてるってことなんですけどね。母親としてどうよ、というとほほ感でいっぱいなさっこさんですこんにちは。やっぱ夫がいないとうちは回らないわ、うん。

さて、今日はブログ更新するかと開いてみると「はてなブログトートが当たる!」の文字が躍ってる。どうやらはてなブログが4周年らしいですね。確か最初は招待制だったよな…と思ったらその通りだった。というわけで「4年間で変わったこと、変わらないこと」なんですが。4年あれば子供は滅茶苦茶成長するわけですよ。

  • 長男→中学生から社会人になる
  • 次男→中学生から高専生になり、寮生活
  • 三男→小学生から中学生になる
  • 四男→幼稚園児から小学生になる

長男なんて社会人になっちゃってますよ。4年前の今頃は「この成績で高校生になれるんだろうか」と胃がキリキリしてたもんですが。まあなんとかなるもんなんですなあ。次男は寮生活になって毎日帰宅することがなくなった。週末に帰ってくるとは言え、我が子が家からいなくなる日がくるなんて当時は思ってもみなかったですよ。

しかし私も夫も全然変わらないです。年取って老けただけですね。大人になってある程度年を取ってしまうとあまり日常に変化がなくなるので、時の流れが早く感じるのかもしれません。環境が激変したら、それだけでいっぱいいっぱいになって時の流れが止まってしまう。思い返してみても、長男出産から四男出産までの間は彼らが社会人になるなんて想像もつかなかったもの。あの頃は息子達の成長が亀の歩みのようにのろく感じたけど、外野として眺めたら凄まじいスピードで成長してるように感じたんだろうな。ほら、よく「他所の子の成長は早い」って言うじゃない。

でも濃密な歳月もただただ流れ去るだけの歳月も同じ長さなんですよねぇ。もう若い頃のように濃密な時はなかなか手に入れられないけど、じゃあせめてなんか形になるものを残せるようにせっせとブログの更新でもしますか…。というわけで、まだしばらくははてなブログのご厄介になるつもりなので突然サービス終了なんて言わないでくださいね。はてなココがサービス終了したときは結構ショックだったんだから!