仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

育児に必要なスキル

明日、また祭りがあるので忙しいのもあって、できる限り今日洗濯を済ませようと洗濯機に4度お仕事してもらったさっこさんですこんにちは。干す場所が足りないので、乾いた分を取り込んで新たに干す、なんてことをやってましたよ。というわけでまだ全部洗濯物が乾いてなーい!天気もいいし気温も高いし風もほどほどにあるので、なんとかなるとは思ってますが。

ところではてなでもちょいちょい育児関係のエントリーが話題になるのですが、育児というと乳幼児期に子供のお世話をすることばかりクローズアップされるのにちょっとイラッとします。ある程度場数踏んでる人であれば、誰だってできることなんですよねこれ。要領の良い悪いで大変さは変わってくるとは思いますが、一人目より二人目、二人目より三人目になれば手抜き具合がわかってさっさとやれることばかりです。

でも子供のお世話の仕方なんて、長い育児期間で必要なのはほんの僅かな期間です。子供を社会に送り出すまでが育児なんですから。というわけで、先日こんなツイートをしました。






これが育児の大体の流れなんですが、こうやって書いてみると育児に一番必要なスキルって教育者としてのスキルなんですよ。成長を黙って見守る忍耐と、適切に指導する能力と。昔だと大家族がデフォで地域の繋がりも強かったのもあり親以外の教育者がいたのですが、核家族だと全て親にのしかかってくるんですよねこれが。

私には他人の様子を注意深く観察して自分に望まれてる言動を察するという能力が徹底的に欠けているので、指導者としての能力は底辺を這いずってます。しかし夫はこの能力がずば抜けて高いので、適切な指導ができるんですよね。もし夫も私と似たり寄ったりの人だったらどうなってたことやら。夫のお陰で「母ちゃん」と名乗らせてもらってるようなものですよ。息子達もなんだかんだいって夫のことは信頼してるし。育児スキルが高い夫で良かったー!というか、そもそも夫が子供を望まなければ母親になるつもりはなかったのでした。自分に子育てする能力があるとは思ってなかったもんね。