仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

立派な社畜ですよ

昨夜、ついうっかり深夜に帰宅した長男と動画を見てしまい、朝眠いのなんの。自業自得だけどちょっと寝不足でしんどいさっこさんですこんにちは。先に寝とけばいいんですが、長男が戸締まりを忘れることがあるのでどうしても起きておきたくて…。

そんなわけでちょっと長いエントリー書こうと思ってたけど頭がウニでまとまらない。しゃあないので小ネタを披露することにします。もうすぐ高専ロボコンの全国大会があるんですが、その前に地区大会が行われています。四国地区大会は10月25日に実施予定です。

[高専ロボコン]トップ

ロボットコンテスト四国大会

というわけで、次男の学校でも参加する学生は追い込みに入ってるんですが…。次男は寮生なんですが、現在同室の子がロボコンに参加するんですよね。その子が寮に帰ってくるのは深夜2時とか3時らしいんですよ。勿論授業は通常通り行われてるので、授業中死んでるらしいです。

なんでそんなに遅くまで!?ロボットの重量が規定よりわずかにオーバーしたそうで、素材を軽量なアルミに変更して作り直してるそうで。それがですね…旋盤が旧式のやつだそうで、作り直すにしても目測で削っていくので時間がかかるそうで。ところが次男の部活が持ってる旋盤は最新式のものだそうで「うちの使ったらもっと時間短縮できるんだけど、顧問同士の仲が悪いので絶対貸してくれって頭さげてくることはない」だってよ。マジかよ。そんな大人の事情に学生が巻き込まれているとは…。参加する学生達可哀想だろ。

「寝袋を持ち込んで目の下にクマを作りながら作業してる」「眠気覚ましのドリンク剤飲みすぎておかしくなってる先輩がいる」なんて話を聞くと、出場する前に廃人になるんじゃ…と心配になってしまいます。うちの子じゃないんだけど。

そんな彼らのことを次男は「立派な社畜ですよ」と評します。「どんなブラック企業に入社しても、ロボコンに耐えられるなら楽勝、と先輩が言ってた」だそうですよ…。まだ若いのになんてことだ。彼らの未来に幸あれと祈らざるを得ないさっこさんでした。