仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

40歳で出産し、10年育てて思ったこと

長男がメタルギアソリッド5を発売日当日にゲットし、仕事から帰ってくるとずっとプレイしております。今は遅出なので、深夜に帰ってきて明け方までプレイし、朝10時頃起き出してまたプレイ…。

メタルギアソリッドV ファントムペイン SPECIAL EDITION

メタルギアソリッドV ファントムペイン SPECIAL EDITION

しかも今までは家のテレビにPS4を繋いでたんですが、ゲームの邪魔をされたくないからとゲームのためだけにテレビまで買ってきたよ、それも42型。ちなみにPS4は長男が自分で買ってきたので、間違いなく長男のものです。お前、どんだけゲームに命賭けてるんだよ。「俺はメタギア5の発売を2年間待ち続けてたんだー!」と雄叫び上げてたけど。まあ自分の金で買ってるんだし、好きにすればいいさと思うさっこさんですこんにちは。

さて、その長男ですら「最近の小学生は何を考えてるかわからん」とおっしゃるわけですが、我が家で唯一の小学生である四男も4年生。この間産まれたばかりだと思ってたんだけどなあ。おかしい。時の流れがおかしい。

四男は40歳で産んだわけですが、それに関連したエントリーを二度書いてます。で、先日こちらのエントリーを拝読しました。育児は中学生(思春期を迎える頃)からが本番で、それまでは育児の準備期間である、というのが私の考えです。つまり四男に関してはまだ育児の本番すら迎えてないわけで、高齢出産での育児を語る資格は今の私にはありません。ですから今から語るのは育児準備期間における感想だというのを念頭に置いていただけるとありがたいです。

一番大きいのは年齢差。体力面もそうですが、バックボーンが違いすぎて子供からすると何かあっても親に相談しにくいのでは?というのを薄々ですが感じてます。我が家の場合、年の離れた兄達がいるので、四男はどちらかというとそちらに相談することが多いのですよ。上の子達の場合、これぐらいの年頃だとすぐ私や夫に相談してたので、今までにはなかったことです。無論、上の子達も年の離れた兄がいればそちらに相談してたのかもしれませんが、それでも。我が子なのに頼ってくれないのかと残念な気持ちになることはありますね。親のワガママなんでしょうけど。

そして四男と一緒に過ごす時間が上の子達のときより確実に短いという事実。こればかりはどうしようもありませんが、最近そのことをちょくちょく考えてしまいます。四男に助力してやれる期間は上の子達より確実に短いのだなと。まあ早く死んでくれたほうが清々する、と思われるようになるかもしれませんし、これは今後の親子関係がどうなるかで四男にとってプラスになるかマイナスになるかは変わってくるのでしょうけど。

また、上の子達の頃と比較すると、頭に来て怒鳴るようなことがほとんどなくなりました。そんな気力がないのですよ、年を取ると。祖父母が孫をあまり怒らず甘やかすのは育てる責任がないからだと思ってましたが、きっとそれだけじゃない。もう怒るような元気はないし、甘やかすというより言いなりにならないと子供と付き合う体力気力が持たないんだろうなと。人間、楽なほうに流されていくのですよ。だからいかんいかんと気を引き締めるんですけどね。怒鳴る必要はないけど、甘やかすのはいかん。それでも上の子達の頃よりどうしても甘めな対処になってしまいます。我が家はその分、次男が四男をきつく指導してくれるので大変助かってますが、上の子ばかりに頼ってたのではダメですね…。

そんな感じで、もう目前に迫っている思春期を乗り越えられるのか不安ではあります。まあなるようにしかならないし、気力を振り絞って四男と向かい合うつもりです。