仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

田舎の見知らぬ店で食事したらこうなった

四男が残していた大物の宿題、新聞作成がようやく終わりました。香川のことを調べて書くことになってたんですが、最初は夫の実家近くのお祭りが県内でも有名なので夫にインタビューして書こうと四男と相談したんですよ。でも夫が拒否。あんたなんでこういう宿題になると協力してくれないのよ…。工作だとこっちが何も言わなくてもでしゃばってくるのに!とちょっとイラッとしたさっこさんですこんにちは。で、結局ありきたりだけどうどんのことを調べて書くことにしたんですが、新聞だからイラストも描くわけで、これが全く食欲をそそらないうどんになってしまいました。

f:id:plutan:20150830133256j:plain

長男が「マフィンの上に何か乗ってるのかと思った」と評し「これじゃあうどんと見てもらえないから箸を描き足せ」と言って後から箸を描き足したんですよ。確かにどんぶりには見えないよな…。まあ私の宿題でないからこれでいいか(ぉ

さて、食欲をそそらないと言えば、先日こちらのエントリーを拝読させていただきました。ちょうどタイムリーだったんで、最近入った「これはヤバイ」というお店のことを書こうかと思います。

こちらのエントリー神庭の滝へ行ったことを書きましたが、その神庭の滝から義姉宅へ戻る途中の話。神庭の滝を見物して帰路に着いたのはお昼を少し回った頃でした。そこで戻るまでにどこかでお昼ご飯を食べようと思ったんですが、なんせ田舎なのであまり店がない。食べログ見たけど、人気がありそうなところは現在地から遠い。もう適当なところへ入ろうと、ちょっとおしゃれな喫茶店風のお店を見つけたのでそこへ入ることにしました。ちなみに総勢8名。私達一家と義姉2名です。

メニューを見るとコーヒーがメインの店のようで、食事のバリエーションはそんなにない。とりあえず焼きうどん、焼きそば、炒飯、カルボナーラをそれぞれ頼んで待ったんですが、なかなか出てこない。お店の人は2名しかいないようで、ひとりだけで作ってるんですよね。そりゃあ時間がかかるはずだ…。

で、私は焼きそばを頼んだんですが、運ばれてきたのを食べてみると味が…味があまりしない。まずいとまではいかないけど「これだったらカップ焼きそばに野菜と肉足したほうが美味しい」というレベルでした。自分で作って食べたくなった店は初めてだよ。

焼きうどんを頼んだうち、三男は「なんかねとっとしてる」と言うじゃないですか。まさか麺の賞味期限が切れてるんじゃ…。うどんも腐るよゆで麺だったらさあ。幸い、他の焼きうどん組からはそういう苦情は聞かされなかったんですが。ひとつだけ麺がおかしかったのか?炒飯を頼んだのは夫だけでしたが、可もなく不可もなしだったようです。ただ、他のものを注文した人が食べ終わる頃に運ばれてきましたが。

そしてカルボナーラですよ。こっちも味が薄かったらしい。そして備え付けの粉チーズを振りかけたのですが、この粉チーズの色が茶色い。注文した義姉2号は「おしゃれな店だからチーズにもこだわってるんだろうか」と呑気に思ったそうですが、ふと粉チーズの容器を見ると、賞味期限が3年ほど前になってたそうです。茶色かったのは古い粉チーズなので色が変色してたというわけです。気づいたときは食べ終わってたので後の祭り。

夫「苦情言えば金返してもらえたのでは」

義姉「小心者だからそんなこと言い出す勇気ない」

というやりとりをしたのはすでに車に乗って帰っているときの話でした。いくらなんでも大幅賞味期限切れはあり得ないだろー!おそらく普段はコーヒーを飲みに来る客だけを相手にしてるんだろうけど、一応メニューにあるならちゃんと新しい粉チーズ用意してくれよ。

夫は「あんまり店のないところで食事するときは、コンビニ探して弁当でも買ったほうがマシやで」と感想を述べましたが、確かに。そのほうがハズレはないもんなあ。というわけで、田舎道を走ってるときに食事したくなったそこのあなた!自信がないならコンビニを探すのが一番ですよ。少なくとも値段に見合った食事はできます、はい。