読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

日本は少子化促進してもいいんじゃないかな

いろいろ 感想 妊娠・出産 育児

用事が終わって帰宅すると、四男がプリプリ怒りながら机に向かってるのでどうしたのかと思ったら、夫に宿題をチェックされて間違ってるところを直してるところでした。そりゃあ間違ってたら直さないとダメだろうって話なんですが、間違いを指摘されるとすぐ拗ねる四男なのであった。この拗ねる癖、いつになったらなくなるんだろうと遠い目になってしまったさっこさんですこんにちは。三男も似たようなタイプだったので、三男の宿題をマメにチェックしてた次男によく反抗してたよなあ。宿題をチェックしてくれる兄ちゃんなんて貴重なんだからむしろ感謝しなくちゃならないんだけど。

さて、本日は子供の人数の話です。以前こんなエントリーを書いたんですが。田舎でも一人っ子が増えている昨今、4人子供がいると好奇の目に晒されることが多いという話だったんですが、先日もTwitterでこんなツイートを見かけました。

このツイートを読んで、そう言えば3人目以降を妊娠して産婦人科を受診したときに「どうされますか?」と遠回しに中絶するかどうかを尋ねられたなあ、ということを思い出しました。そうか…そういう目で見られてたのか…と思うと納得すると同時にちょっとショックでした。

産婦人科医が職務としてそういう事態を想定して診察してるのはまあわかるのですが、特に問題のない人に気取られるような言動をしたらどう思われるかぐらいわからないのかなあ。私は最後の出産から10年が経っているのでちょっとショックぐらいですんでますが、もし上の子達がまだ幼い頃にこのツイートを見かけたら、相当落ちこんでたと思います。そうでなくても三男を妊娠したときは叔母から中絶しなかったことを責められてだいぶメンタルやられてたから、泣いたかもしれない。

こういうの読んじゃうと「産みたい人がたくさん産める社会」なんて実現不可能なんじゃないかって思ってしまいます。変な詮索されながらの子育てなんてしないほうがマシだと考える人が増えそうだし。もう日本は少子化促進ぐらいでいいんじゃないかなあ。