仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

夫、長男に人生を説く

本日から三男は期末テストに突入しました。もう結果が気になりすぎて禿げそうなさっこさんですこんにちは。中3だからね…。1学期の成績次第で志望校決まっちゃうし。あああ…ちょっとでも成績が上がりますように。

さて、受験生の三男に気を揉む日々ではありますが、それ以外は穏やかに流れる日々。食卓に家族が揃い(次男は週末しかいないけど)会話に花も咲きます。そして先日の夕食後に長男と夫が会話を繰り広げてたんですが、その内容がこんなんでした。

「俺仕事してるのにいつまで食器洗わんといかんのやろ*1

「長男くん、お父さんなんて仕事行く前に自分の食器洗ってるし、四男の水筒にお茶入れたりアイロンがけすることもあるんやで。おじいちゃん*2も70越えてるのに自分で三食作って洗濯も掃除もして仕事行ってるんやで。残念やけど一生やらなあかんのや、な?」

夫がそう言いながら長男の肩をぽんぽんと叩くと、長男が情けなさそうな顔をするものだから吹いてしまった。ああ、でもそれが人生だものね。身の回りの世話をしてくれる人が欲しいなら、お金出してハウスキーパーでも雇えばいい。それが嫌なら自分でやるしかないんですよね。生きるために必要なことだから。いつまでも親は元気じゃないから、ずっと子供の世話なんてやってられないし、結婚したって奥さんがなんでもやってくれるわけじゃない。父ちゃんの言う通りだろ、我が家は。

まあ長男もわかっていても言わずにおられないという感じなんでしょうけど。というのも高校受験のとき「高校に合格したらお父さんが代わりに食器洗ってやるわ」と夫が言っちゃってましたからね。夫は完全に忘れてたようだけど。世の中そんなもんさ長男よ。めげるな長男!今から慣れておけば、一人暮らしするようになったときや結婚したときに楽だぞ。「どっちも嫌だ」とか言わないでおくれよ!

*1:夕食後の食器洗いは息子達がローテーションでこなしてます

*2:一人暮らしの実父