仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

雨と自転車と息子達

夜中から明け方にかけて雨足が強かったのですが、息子達が登校する頃には小降りになってほっとしたさっこさんですこんにちは。登下校時にどしゃ降りだと可哀想じゃないですか。小学校は登校班での登校なので保護者同士で相談して学校の近くまで車で送ることもあるけど、三男は中学生で自転車通学ですからね。私の車には子供用の自転車しか積めないし、送って行くのはなかなか難しいのである。

さて、自転車と言えば6月から取り締まりが厳しくなって傘さし運転ができなくて不便だ、とおっしゃってる方がいらっしゃるようですが、元々自転車の片手運転は禁止でございます。これをざらっと読んでおこうな。

自転車に係る主な交通ルール

ハンドルに傘を固定するグッズもあるようですが、傘をさしてこぐこと自体が不安定で怖いと思うんですけどねぇ。慣れたら本人は怖くないのかな。車から見るととっても怖いですけど…。

自転車通学の三男はどうしてるかと言いますと、雨の日はカッパを着用して登校してます。頭はどうしてるかって?勿論ヘルメットをかぶってるんですよ。晴れだろうが雨だろうがヘルメット着用は学校の規則なんで、破ったら当然学校で注意されるし何度もやらかすと自転車通学許可が取り消されます。三男によると実際に取り消されて親に学校まで送迎してもらってる子もいるらしい。

そんなヘルメット着用違反は女子のほうが多いそうで。おしゃれが気になるお年頃なので、ヘルメットかぶって髪型がおかしくなってしまうのを嫌がる子が多いようです。しかしよく考えたらヘルメット着用を義務づけたら傘さして自転車こぐ人いなくならない?ヘルメットかぶって傘もさすなんてまぬけすぎることする人もいないだろうし。なんでヘルメット着用を義務づけなかったんだろう…。

それはさておき。雨の日に着用するカッパが曲者でしてな。次男曰く「冬でもかなり暑くて汗をかく」そうです。まあ次男は汗かきだからともかくとして、夏が地獄なのは想像に難くないです。よって長男は暑い時期は余程雨足が強くない限りカッパを着用せずに登校してたんですよ、ええ。当然ずぶ濡れになるんですが、「どうせカッパ着ても汗で濡れるから一緒や」だそうで。気持ちはわかるよ、うん。わかるんだけどね。自転車にカッパ積んでカッパ着ないのもどうなの?と思ってた母ちゃんでした。