仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

PTAは女子会じゃない

午前中あちこちかけずりまわってたのでもう何もしたくない。でもそんなわけにはいかないんですよねと横で遊んでる四男とその友達2名を眺めながら思うさっこさんですこんにちは。はあ…友達が帰ったら掃除しないと。

さて、その友達のうち1名は両親が離婚してシングルなわけですが、がっつりPTA役員をやっております。まあ実家に出戻ってるから祖父母(まだ50代)と曾祖父母(70代だけど元気ピンピン)の協力が仰げるし、夫と私しかいない我が家より動きやすいんですよね。正直羨ましかったりして。まあ羨ましがったところで現状は変わらないんですが。

他にもシングル家庭は結構存在するし共働き率が非常に高い地域なので、PTAの行事は極限まで削ってます。役員会も日曜開催以外は夜7時、もしくは7時半から。子供を見てもらう手がない人は子連れで出席してます。私の場合は夫に日程を伝えておけば早めに帰宅して息子達の面倒を見てもらえるので子連れで出席はしたことはないのですけどね。当然役員会が長引くとお子さんの就寝時間が遅くなってしまうので、1時間を目安に切り上げてます。作業で分担できるものは自宅に持ち帰り、次回に持ち寄る、そんな感じ。

そんなふうに「さっと決めることを決めてさっと解散」がデフォだったので、なんでPTA大変大変という人が多いのかよくわからなかったのですが、先日見かけたツイートで「ああ…こらあかんわ」と思いました。そのツイートをまとめてみました。ふたつの案件を一緒にまとめてますが、今日取りあげるのは前半のほうです。正直怖すぎる…。奥様同士のマウンティングなんて週刊誌の作り上げたネタだと思ってたのに、マジで存在するとは。PTAにそんなもん持ち込むなよ。やりたいなら女子会でやってくれ。PTAは女子会じゃないんだぞ!(憤怒)

しかしこれでわかりました。PTAを大変にしてるのは母親自身だってこと。自分達で人間関係ややこしくしてるんじゃないか。大変なのは自業自得だね。勝手にやってろよって感じ。大体、PTAが語られるとき、教員のことが全くでてこないってどういうこと?教員だってPTA会費を払ってる立派な会員なんだし、参加するのが当たり前でしょう。こっちはどの委員会も教員が出席してるし、教員のいない役員会なんてあり得ません。それなのに教員の影すら感じられないのは、母親達で勝手に物事を進めてるってこと?それとも教員は保護者にPTA活動丸投げ?なんだかなあ。

仕事が大変な人が参加しなくても活動が回るように地域に協力を仰げばいいのになあと思ってたけど、彼女達はそんなの全然望んでないんですね。まあこっちのPTAはそんなことないから楽ちんだし、要らんところで消耗することがなくて良かったと安堵するさっこさんでした。正直そんな奥様方がいらっしゃる学校に息子を通わすことになったら死にたくなるよ。