仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

中学生にLINEは合わない

本日参観の振替で学校が休みの三男ですが、午前中部活はありました。その部活から帰ってきて「今年は暑くなるの早くない?暑すぎるやろ」と一言。確かにまだ5月にもなってないのに夏日とかふざけてるのかって感じですよね。この調子で夏も暑いんだろうかと今からぶるってるさっこさんですこんにちは。寒いより暑いほうが耐えられるのは耐えられるんだけど、食欲がた落ちで体重がみるみるうちに落ちることがあるんだよ。体重が45kgより下がらないように注意しないと。落ちすぎると動くのが億劫になりすぎる。

その三男は長男や次男と同じ卓球部に所属してるんですが、長男が入学する前から卓球部の顧問だった先生が転任して今年度から違う先生が顧問になりました。一応OBだしと長男と次男に「顧問の先生転任したんだって」と報告がてら中学時代の話をしていました。すると長男が「中学校は闇やわ。中学生やったときのことは思い出したくない。学校行ったらいじめられるだけやし。めんどくさいから相手にせんかったけど」と言うじゃありませんか。次男も「確かに中学校で楽しいことなんてなかったなあ。あそこにいるのはいじめる奴といじめられる奴と傍観者の三種類だけで、すっごくギスギスした人間関係やったわ」と同調する始末。大人の前ではしおらしくしていても、子供だけになるとロクなことやってなかったわけね。

次男に「中学生の頃と今と、どちらのほうがいいか」と尋ねてみたら「今のほうがいいなー。高専は変態しかいないけど(!)気の合う友達もいるしやりたいことできるしそこそこ楽しいよ」と。勉強について行くのが精一杯で死んだような目をしてるときもあるけど、それでも今のほうがいいんだ…。中学校どんだけ闇なんだよ。

まあ中学生って思春期の入り口で、心と体の成長がアンバランス。大人でも子供でもない、微妙な立ち位置な上に、そのアンバランスさ故に心が剥き出しになってる。わけもなくイライラするし傷つきやすく傷つけやすい、そんなお年頃です。中学校のいじめが過激なのも、心が不安定であるためでしょう。それに公立だと学力も家庭環境も千差万別の子達が集まりますからね。そうでなくてもトラブルになりやすい。

そんなお年頃の子供達にLINEなんていう気楽に投稿できるツールを与えたらどうなるか。当然愚痴をオブラートに包まず吐き出すわけですよ。その愚痴はどんどん広まる。スマホを持ってない子も持ってる子から「あの子がこんなこと言ってた」という話を聞く。あっという間に拡散ですよ。そうなるとそれがきっかけで簡単にいじめが起こっちゃうんですよね。息をするようにいじめをする生き物だから、中学生って。本人達は「むかつくからハブってるだけ」程度の認識ですけどね。

今の時代の子達は幼児の頃からネットに触れてる子が大半です。ほとんどのゲーム機器はネットに繋がりますから。小学生の四男も、DSiでYouTubeの動画を見てケタケタ笑ってることがよくあります。そんなときは私も一緒に見てるんですが、まーよく探し出してくるよな。デジタルネイティブにとって、ネットは私が子供の頃のテレビと同じ立ち位置にあるんでしょう。便利な道具です。

そんな道具を今の子達から取りあげるのは無理だと思います。でもネットを利用してるからってコミュニケーションをメインとして使うのはどうかなと思います。まだ未熟で不安定な時期にコミュニケーションツールとして使わせてもリテラシーなんて身につかないと思うんですよ。高校生ぐらいになると落ち着くし、分別もある程度つくんですけど。高校だと同じような学力、同じような環境の子が集まりやすいのでトラブルが減る、というのもあります。だから高校生になるまでネットをコミュニケーションツールとして使わせるのを待たせてもいいんじゃないかなって。長男も再三「中学生にスマホを自由に使わせるなんて親はバカだろ」と言ってますしね。

そんなことを長男次男の話やこちらのエントリーを読んで考えていたさっこさんでした。我が子が傷つくのはともかく、我が子が誰かを傷つけてしまうのは避けたいですしね。LINEがなくったっていじめは絶対に起こるわけですが、わざわざ問題のタネを増やす気もないです。現在中学生の三男にも、小学生の四男にも、高校生になるまではスマホを与えない予定です。息子達もそれで納得してるし、スマホを持ってないことそのものが原因でいじめられたことは今のところないからです。四男が中学生になる頃にはまた事情が変わってるかもしれませんが、そのときはそのとき。親子で話し合うつもりです。