仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

半世紀生きちゃったよ

今朝は雨が降ってたんですが、昼から予報通り晴れてきました。しかし寒いっすね…。東京に比べたら暖かいんでしょうけど、ついこの間夏日になったのに最高気温が14度とかあり得ない…。いくらなんでも寒暖の差がありすぎるだろ…と思うさっこさんですこんにちは。

さて、Twitterでもハイクでも書いた通り、本日をもって50歳になりました。50歳と言うとまだまだ…と言われそうですが、半世紀生きたと言うとなんということでしょう、一気に歴史の生き証人的な響きに。思えば遠くにきたもんだ。

1965年生まれの私が小学生の頃、冷戦は永遠に続くと思ってたしベトナム戦争が終結するとも思ってなかった。卒業するまでに終わったけど。沖縄が返還されたのは私が小学生になってすぐのことでしたが、うっすら報道されてたのは覚えてます。近くのスーパーへ行くと傷痍軍人の物乞いに遭遇する率が高く、学校では先生が時々自分の戦争体験を語ることがあったりして、日常生活でも戦争の影はまだほんのりと見えてました。

今は携帯電話を持ってない人はいないんじゃないかって勢いですが、我が家は私が中学生になるまで固定電話すらありませんでした。毎年学校から渡される学級名簿には児童の氏名と保護者名、住所に電話番号まで全部書いてあったのですが、我が家は電話がないので隣のお宅の電話番号を緊急連絡先として書いてたんですよね。「呼出」の文字と共に。電話がないので、母方の祖母が亡くなったときは電報で知らせを受け取りました。電報がまだ連絡手段として使われていた時代でした。

そんな今から見ると原始生活と変わらないような時代に育ったわけですが、それでも当時は文明的な生活をしてると思ってたものです。何しろ私の両親の子供の頃の話を聞くと、履いてるのは靴じゃなくてわらじで、それも自分で作ってたって言うし、肉が食べられるのは卵を産めなくなった鶏を絞め殺したときだけだとか、カエルをたき火で焼いて食べたとか、食器は洗わずにそのまましまってたとか、昔話さながらに川へ洗濯に行けばその隣で立ちションしてる子がいたとか…。今はなんて豊かな時代なんだろうと思ってましたよ。

両親が生まれたのは1940年前後なので、それから一世紀も経たないうちに日本はガラッと変わってしまったわけです。でも変わったのは表面上だけで、人間は何も変わってないんでしょうね。高齢者の話を聞く限りでは。変わったのは行動範囲が広がった、それだけの話です。それで井の中の蛙じゃないと思い込んでる人は多いような気がしますが、実際は自分の見たい範囲しか見てないので見る景色が多くなってもあんまり関係ないんでしょうね。

まあそんな年寄りの与太話はともかく、母親の誕生日だと言うのに息子達から「おめでとう」の一言もない!絶対忘れてるだろ…。次男は明日が誕生日なので忘れてないと思いますが、お祝いメッセージ送ってくるようなマメさはないので黙っていたら誰からもおめでとうと言ってもらえそうにないw夫は多分義母からのプレゼントを持ち帰ってくると思うので、そのときに言われるだろうなあ。お義母さん、いつもすみません。でもまあ家族が元気ならそれが一番のお祝いですよ。それにちょっとぐらい自分にご褒美を…と思ってこれを観に行ってきました。

  • ミチミチミッチー黒い羽根が似合います
  • てつをカッケー!
  • でもバトルホッパーが出なかったのでがっくり
  • たっくんをください
  • 橘さんの出番がこんなに多いとは思わなかった
  • デネブとの絡みが少ない侑斗なんて…
  • というか侑斗何気に姫ポジション
  • 良太郎は特異点のはずなのに何故
  • なんでハードボイルダーじゃなくリボルギャリーやねん
  • チェイスが出てきた意味とは
  • Jが怪獣扱い
  • ニンニンジャー要らんだろこれ
  • 剛が何故…と思って4号のネタバレ読んじゃったよ
  • ということはこの話の主人公はたっくん?

という感想を書きながら「そう言えば50代になって初めて観た映画がスーパーヒーロー大戦とかひどくね?」と思ってしまいましたが、細かいことは気にしないことにしよう、うん。なんせガメラと生まれ年が一緒の私だもん!ということで、50代最初のエントリーを締めようと思います。まる。