仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

社会人になった長男

昼から長男は夫の友人宅まで出かけてます。車のナビを自分で取り付ける!と言ってた夫なんですが、説明書読んで「無理」と言い出して…。お前ー!どうするんだよこれ!と思ってたら、そういうのに詳しい友人に手伝ってもらう約束取り付けてきたらしい。というわけで人様を巻き込んで長男の車にナビをつけてもらうことになりましたとさ。全く…素直に金払って取り付けてもらったほうが良かったんじゃない?と思ったさっこさんですこんにちは。それにしても何かあると助けてくれる友人があっちこっちにいるところがザ・マイルドヤンキーって感じですな。私はそんな厚かましいお願いをするのもされるのもちょっと無理です…。

さて、その長男が3月31日から昨日まで、本社での入社式と研修のため大阪に行ってました。ギリギリまで自分で動こうとしない長男のケツを叩いて送り出し、無事研修終えて帰ってきましたよ。足がないので駅まで迎えに行ったんですが、車に乗り込んできた途端「さあ、これから長話に付きあってもらおうか」と言われたので吹いたw夫はあまり外での出来事を話すタイプじゃないんですが、長男はとにかくしゃべりたくて仕方ないタイプらしい。将来結婚したら奥さん大変そうだな…などと彼女もいないのに心配してしまう今日この頃でございます。その長男の長話からふたつピックアップして書き残しとこうと思います。

電車通勤

宿泊先は新大阪駅の近くのビジネスホテルだったんですが、そのホテルから電車で本社まで通勤することになった長男。その通勤で「俺、絶対大阪には住めん。人が住むとこじゃない」と悟ったそうです。その理由は満員電車。まあ田舎で生まれ育った長男、高校も自転車通学だったし、家族での移動はほぼ車。電車なんてほとんど乗ったことないもんなあ。

「人がぎゅうぎゅうに乗ってるのに、駅に着いたらさらに乗ってくるんやで。あり得ない。あんなところで住む人の気がしれない。俺はやっぱり田舎でしか住めない男なんや」

と力説されました。まあ…我が子を自分の目の届く範囲で住ませておきたいと思ってる父ちゃんは喜ぶだろうけど、ちょっとは都会と言われるところに住んでもいいと思うんだけどな。でも母ちゃんもあの満員電車は二度と乗りたいとは思わないので、気持ちはわかるよ、うん。人間、心安らかに生きるのが一番だよね。

大阪のお土産

夫から餞別を渡されてた長男、おばあちゃんに伯父さん伯母さん達へのお土産も買ってきました。しかしそのお土産が問題で。

「新大阪駅の店で買ったんやけど、失敗したわー、大阪じゃないとこの買ってきてしまったわー」と言うのでどこのお土産だろうと思ったら「あんこが乗ってるまんじゅうだか餅だかで、ピンクの包装紙で…」と続けるので「もしかして…赤福?」と尋ねたら「そうそう、それ!」と答えるじゃありませんか。伊勢土産www

長男「友達が俺の買った赤福見て『お前それ三重のお菓子やで』と言うからそこで初めて気がついたわ」

私「包装紙に伊勢名物って書いてるやろ…」

長男「いやあ、大阪にも伊勢ってところがあるんやなあと思ってた」


「大阪にも伊勢ってところがあるんやなあと思ってた」
大事なことなので二度(ry

この台詞聞いたらもう耐えられなくなって大爆笑してしまいました。大阪の伊勢www世間知らずとか言うレベルちゃうwww

「大阪やのに大阪以外の土産売ってるのが詐欺なんや!」と笑ってる私に憤怒した長男。言われてみたらその通りなんだけど、お前社会人になってもずっとそんな感じだと簡単に詐欺に引っかかりりそうで心配だぞ母ちゃんは。

来週から事業所での研修が始まるけど、この天然ぶりで大丈夫なんだろうか。まあバカみたいに素直だから案外ウケがいいかもしれないけど…。私、育て方間違えたかしら…と首をひねるさっこさんでした。