仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

タバコとのお付きあい

朝は晴れ間も見えてたんですが、予報通り雨が降ってきました。嫌だなあ…。今日は夕方から夜にかけて出かける用事ばかりなのに。夜の運転、それも雨の日の運転は嫌なんだよと愚痴ってるさっこさんですこんにちは。田舎は車がないとどこへも行けませんからね。バスもあるにはあるけど、夕方6時前後が最終便だよ。飲みに出かける場合はタクシーで行くか、代行を使うか、飲まない人に送迎してもらうかの三択っていう。本当は車の運転しなくていいなら一生したくないぐらいなんですけどね。

さて、今日はタバコのお話です。Twitterでは何度も言ってますが、私は喫煙者です。リアルでこう言うと「タバコ吸うように見えない」と言われるんですが、一般的な喫煙者のイメージってどないやねん。別に非喫煙者を取って食おうなんて思ってませんけど。

初めて喫煙したのは20歳のときでした。子供の頃は喫煙しようなんて思ったことは一度もないです。ガキが粋がってタバコ手にするってバカっぽいじゃないですか。喫煙するなら大人になってからですよ、ええ。それから婚約するまではずっと喫煙してました。ヘビースモーカーではないので、社内で喫煙するようなことはありませんでしたけどね。当時はまだどの飲食店でも喫煙できたので、ひとりで外食するときはいつも喫煙していたなあ。最近はファミレスぐらいしか喫煙席がある飲食店ってないけど。だからひとりで外食するときはいつもファミレスを選ぶんですけどね。

で、婚約してから14年間はずっと禁煙してました。理由は単純で、夫が子供を望んだからです。すっぱり禁煙して、四男が幼稚園に入園するまでは一切タバコに触れることはありませんでした。夫が非喫煙者なので誘惑がないこともあって禁煙は簡単でしたね。夫が喫煙者だったら簡単に禁煙できたかどうか怪しいけど…。

そんなに長いこと禁煙したらもうタバコなんて手に取ろうと思わなくなるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことはないですよ。一時的に理由があってタバコから遠ざかってただけですもん。それに本当に喫煙をやめるんだったら、「禁煙」じゃなく「断煙」って言いますよ。久々の一服はうまかったなあ。「やっとシャバに出られた」って気分を味わえましたよ、ええ。

今はどんなところで喫煙してるかと言いますと、前述のファミレス以外だと外出先では喫煙ルームぐらいですね。というか、それぐらいしか喫煙場所ないでしょ。家庭では庭で喫煙してます。田舎だからお隣さんに煙が流れていくような心配はありません。大体、両隣は空き地なんだもん。寒いと手がかじかんでつらいので、喫煙本数が減りますw外で喫煙するのは部屋で喫煙するとにおいがつくのとヤニがこびりつくからです。掃除が大変じゃん…。それに喫煙者であっても部屋にタバコのにおいがつくのは嫌なのです。我が儘ですね、はい。

タバコはいつも左手に持って吸ってるんですよ。右利きなので右手に持ってしまうと何も出来なくなってしまうからです。例えば携帯で文字入力するとき、タバコを右手に持ってしまうと携帯は左手で持たざるを得ないですよね。でも左手だと文字入力を満足にできないんですよ。だからどうしても利き手の反対側である左手にタバコを手にしてしまう。喫煙中、何もしないなんてことはないので、どうしてもタバコは左手になっちゃいますね。

そのタバコで思い出すのは、新卒で入社した会社です。当時は社内に喫煙ルームなんてないので、社内で喫煙する人は自分の机で喫煙してたんですよね。私の部署の部長はとてつもないヘビースモーカーで一日に10箱ぐらいは吸ってたんですが、その部長の灰皿に吸い殻が溜まると女子社員が始末して灰皿洗ってました。昔はそれが当たり前だったんですよねぇ…。今だったらとんでもない話ですが。余談だけどその部長、その後健診で初期の大腸ガンが見つかって手術し、その後はタバコを吸わなくなってしまいました。医師に禁煙するように言われたらしいですが、それだけじゃなく、タバコがまずくなってしまったらしい。それぐらいじゃないとヘビースモーカーはタバコをやめられないのかもしれません。

私のほうも、もうすぐ断煙予定です。50歳になったらキッパリすっぱり。健康のためというより、嗜好品を楽しむには年を取りすぎたかなあと思うので。お酒もずいぶん前から年に数度のお付きあい以外で口にすることはなくなりました。若い頃は底なしに飲むなんて言われてたんですが。これでタバコやめたらきれいな体になれるかしら、なーんて思ってます。