仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

コスパのいい進学先

次男の再試が終わったので寮まで迎えに行っていたさっこさんですこんにちは。そうです、数Ⅱが欠点だったんですよねぇ…。数学自体は好きな子なんですが、理解までに時間がかかる子でして。まあやるべきことはきちんとこなさないと気がすまない子なので、その点では安心なんですけどね。

さて、今朝方こんなツイートをしたんですが。

成績優秀で普通に高校から大学進学というコースをあえて選ばないのは変わり者なんですよ。高専生が「まともな人がいない」と言ってるぐらいだからとこんなツイートしたんですが、これに対して「高専は一番コスパのいい進学先」というエアリプライをもらいました。しかし本当にコスパのいい進学先なの?というと非常に怪しい。

高専をストレートで卒業する子ってそう多くないんですよね。まず1年の時点で脱落して退学したり留年する子が何割かいるわけで。ひどい子になると全学年留年で10年通う子もいます。次に3年まで在籍して大学に進学する子がそこそこいます。今の高校は授業料が無償ですが、高専は無償じゃありません。つまり高専から大学受験で進学だと余計にお金がかかることになってしまいます。しかも学校が辺鄙な場所にあるので、通学に大変時間がかかったり入寮せざるを得ない場合が多い。通学生だと親に送迎してもらってる子も少数ですが存在します。入寮すれば余分にお金がかかるし、通学生も親にとって手間がかかる場合があるということです。ちなみに寮の規則を何度も破ると停寮になるので、やむを得ず親に送迎してもらう寮生もちょいちょいいますよ。

じゃあ一番コスパのいい進学先はどこかというと、現時点では工業高校だと考えてます。高校を卒業して就職する子がまた増えてきてますが、高校によって就職が簡単だったり難しかったりするのですよ。例えば農業高校ですが、昔はJAに就職する子が結構いました。しかし今は実家が農家でない限り、農業高校を出てすぐ就職は難しい…という話を三男の担任に聞かされました。まあ地域によって多少違いはあるでしょうけど。うちの地域の高校で比較すると、確かに農業高校は工業高校より進学組が多いです。どちらの学校も進学先は専修各種学校が多い。就職に有利な資格を取得しようということでしょう。

一方、工業高校は就職しやすい環境にあると言えます。就職に有利な資格を取得しやすいんですね。在学中に頑張ればかなりの数の資格を取得できます。そして高校ですから就職指導はがっつりしてくれるので、大変安心です。就職希望者の就職率はほぼ100%。しかも偏差値が低いですから(香川だと一番高い高校でも46です)家庭で教育に力を入れなくても合格しやすい。親としては一番コスパのかからない進学先と言っていいんじゃないでしょうか。

ま、勿論本人が何を学びたいかを無視してるし、この先ずっとこの状況に変化がないとは言えません。あくまでコスパだけを重要視したらこうなるのではないか、というだけの話です。