仕事は母ちゃん

どーってことない脳内と日常の垂れ流しです

田舎の専業主婦は詰む

昨日、Twitterでフォロワーさんが「孫とゴーカイジャー見てる」という趣旨のツイートをしておりまして「ついに孫とスーパー戦隊を楽しむ人が現れたか!」と羨ましさのあまり嫉妬しそうになったさっこさんですこんにちは。私も10年早く結婚してたら今頃孫とスーパー戦隊楽しめたかもしれないのに…くそぉ…。そう言えば、先日放送された「鶴瓶の家族に乾杯」にシンケンジャーに出ていた松坂桃李くんが出演していたので見ていたら、39歳にして孫のお宮参りにきましたって女性が登場。私が39歳のときって長男でもまだ小2だよ!孫なんて遙か彼方先だわ…。それ以前にまず息子達が結婚するかどうかもわからないけど。

さて、昨日id:mahalさんからidコールいただいてこちらのエントリーを読ませていただきました。

実は「娘」という文字を見て「うちは娘おらんし」と読まずにスルーしていたんですが、読んでみてなんで呼ばれたのかわかりました。「田舎」と「専業主婦」ですか。確かに私は田舎の専業主婦ですから、そこだけに焦点を当てるならぴったりなエントリーですね。子育てにかかる費用自体はオプションのほうが出費多いんだよと思いつつ、これぐらい楽観的なほうが育てる気になりやすいんじゃない?とも思うのでいいんじゃないですかね。

ただ、これだけは言わせて!県庁所在地は田舎ちゃうで!リトル東京やで!年に数回はうどん県の県庁所在地、高松まで家族で出かけることがありますが「都会は人も車も多いなー高い建物いっぱいあって(見上げるので)首が痛くなるなー」と四男は言ってますよ。あれを田舎と一緒にしてもらっちゃ困ります。せめて地方都市って言ってくれないかなあ。県庁所在地が田舎だったら、私が住んでるところは廃墟だよ(真顔)

じゃあ私の住んでるところはどんなところかというと、マイルドヤンキーの巣窟です。要するに地元出身者が大半を占めるような土地柄なんですなあ。公共交通機関は高校生の通学用と高齢者の通院用ぐらいにしか使われないので、車なしでは生きていけません。そして同居近居家庭が多いので、勢いほとんどの夫婦は共働きです。待機児童問題なんて無いも同然だし、園のお迎えに間に合わなくても祖父母が迎えに行ってくれる。そんなところですからね。育休を取らずに産休明けすぐに働く人も多いです。

そんな土地柄だと、小さい子ってあまり見かけないんですよね。元々出生数が少ないっていうのもありますが。市の年間出生数は500人割ってるもん。うちの市の面積は大阪市とほぼ同じぐらいなので、どれだけ子供を見つけるのが困難かわかりますよね。

育児支援センターはありますが、集まってくる子はそう多くはないです。保育園に通ってる子が多いから当然なんですが。たまーに幼稚園に入園可能な年まで祖父母が面倒を見てる家庭もありますが、まあ少数派ですね。祖父母だって手のかかる孫の相手をずっとしてたら疲弊しますもん。

つまりですね、田舎で専業主婦になってなおかつ子育てをするとなると

  • 平日の日中会話可能な相手は祖父母世代オンリー
  • 子供の遊び相手も幼稚園に入園するまではあまりいない
  • 当然自分の友達もできない

というパターンに陥りやすいです。地元出身なら話は別ですけど、県外からこられた方だとアクティブにいろんな行事に参加するタイプの人や夫の両親や兄弟と仲良くやれる人でないと詰みます。孤独に耐えられなくなりますよ。息抜きしたくても遊ぶところだってそんなにないですしね。しかも洗濯物が干してない日があると「体調崩してたの?」と尋ねられたり、産婦人科の診察室にいるのが目撃されると「妊娠した」という噂を流されるようなところなので近所の目も気になるし。どちらも経験済みですよ、はい。

仕事をしていればそちらのほうで知り合いをどんどん増やせるからいいんですけどね。専業主婦だと自分から動かないと本当に世界が狭くなっちゃいます。専業主婦同士でお茶とかまずありえません。絶滅危惧種だから集まるほどいない…というか探す術もない。

じゃあお前はどうなんだって話ですが、以前書いたように夫に出会うより前にこちらに引っ越して仕事もしていたので、結婚前からこの土地での生活基盤はあったわけです。子供産んですぐ何も縁故のない状態でこんな田舎に引っ越してきて「ずっと専業主婦でいろ」と言われたら死にたくなりますよ…。

あ、それと「妻が専業主婦なら夫は学校のことはノータッチで大丈夫」と思ったら甘いです。男性も女性も仕事の有無も職業も関係なくPTA役員は回ってくるのです。夫も妻が専業主婦だっていうのに本部役員もやりましたよ、ええ。ま、運が良ければ当たらずにすむかもしれませんけどね。